FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福岡 Jumpin' In The Night (その2)
(前回からの続き)
長くなるから、少しずつコメントしていく。

NAGGSは初見。もう憶えている人は少ないかもしれないけど、90年代にPlastic Macというポップなバンドが居まして、メンバー的にはその現在形だね。昨年CDRを送ってもらってなかなかいいぞ!と思ってたので、楽しみにしていた。ライブは想像どおりとも言えるが、良いバンドだった。今となってはあまりいないタイプなのではないかな。いわゆるポップパンクとはまた違うポップセンスを持ったポップなパンクバンドだ。90年代のFLOPとか、ああいう感じのね。そのへん意識してるのかは訊き忘れたが、これからも注目しておこうと思う。
naggs_1.jpg
NAGGS

5speedのSAK氏はツイッターでけっこうやりとりしているのだけど、バンドを観るのはかなり久々だな。それこそ前回の福岡以来か。メンバーは以前とは違うように思えるが、音はいい意味で変わってなかったぞ。まえに預かったCDRは一枚も売れてないけど、その変わらなさは嬉しい。この日の彼らからはLAZY COWGIRLS的な雰囲気感じたな(あくまで曲に、です。見た目ではないです)。なんのてらいも無くって最高だな、こういうの。
5speed_2.jpg
5speed

The Routesは以前、京都で見たことがある。その時はベースがバンチョウ、ドラムがナカジのNervous Breakdown組であったが、今回は数度のメンバーチェンジを経てオリジナルメンバーの西牟田くんとナカジというメンツであった。直近の2枚の作品にあるような、サイケデリック寄りの音になっていたね。僕は日本のガレージ・バンドの中では、このThe Routesはかなり好きな方で、前身バンドのときから応援しているんだけど、なかなか一般的な評価が付いてこないな。カヴァーをほとんどやらない(つまりオリジナル曲で勝負してる)というのは、普通の事ではあるとは思うのだけど、日本のガレージの中では珍しいってことになるのかな?リリースも多いので、みんなチェックしてくれ!このブログでも2010年にシングルのレビューをしていたので、そっちも合わせて読んでみて。
theroutes.jpg
The Routes

tv.orphansは僕が編集したコンピ"I don't like sex"にも入ってもらっているくらい推しているバンドなんだけど、なかなか観る機会はないわけで、たしか高円寺のペンギンハウスで観たが、それ以来かもしれないな。クラチさんはHooversのときにRubinoosの福岡に出てもらって以来の付き合いではあるが、彼がやっているバンドの中で最もパンクロック寄りだと言えるのではないだろうか。バシバシと畳み掛けるように曲を放っていく様はクールだな。もっとどうにかなって欲しいバンドではあるが、僕もコンピ以降はなんにもヘルプできていないので、ああ、どうしようか、と悩んでいるとこと。それまで解散しないでね。
tvorphans.jpg
tv.orphans

Rulerはまだレコードを出していない状態での初福岡であるが、なかなか盛り上がったじゃないか!と思う。Finkの新しいバンド、というのが紹介文としては言いやすいのは確かだけど、オトヤのパフォーマンスがすごくカッコいいと思うんだよね。これからUSでレコードも出るわけだし、海外で演ったらものすごくウケるんじゃないかと思うけど、メンバーそれぞれの仕事がけっこう忙しく、海外なんかはとても無理だということ。この福岡も一泊になるので、なかなか調整は難しかったと聞いているし、次いつになるかわからないとも。だから、今回観れた人はラッキーだったと思う。別に煽るわけじゃないけどね、、、
ruler.jpg
Ruler

DJの方々はちゃんと紹介されなかったんで、名前と顔が一致していない部分もありますが、みなさん独自な感じでよかったです。Mami(The Tuesday)、YUKO(ex.PAD the M.P.)、NUT(ex.Banana Erectors)の予定がMami(The Tuesday)、YUKO(ex.PAD the M.P.)、クラチ、US-UKになったってかんじでしょうか?Mamiさんは、Banana Electorsの最初のヴォーカル、ってことでいいのかな?壁に貼ってあったBanana Electorsの写真をジッと見てたけど。来れなかった奥滝さんに写真が貼ってある旨の連絡入れたっぽいですね。
とにかく、僕もよくDJ頼まれてやりますが、僕みたいなふざけたかんじの人はいませんでした!皆が楽しめるようにイイ曲を掛けてくれてました。

と、まあざっと書いてしまったけど、こんな感じでした。ライブ終わって人が溜まってる中、すこしずつ写真を剥がして個人的に撤収を始めていたんだけど、そのうちみんなが手伝ってくれて写真を剥がし始めた。その剥がした写真を持って記念写真撮ったりと自由な感じになってて(笑)、まあ、こういうのもいいな、と思った。写真展って言っても気取る必要ないからね。
その後打ち上げに行ったときはもう1時近くなっていて、3時過ぎまで呑んで帰ったかんじかね。とにかくいろんな人と話せてよかったです。
とりあえずニール☆UMAの城戸さんというのは覚えました(笑)

僕自身としては、呼んでもらって嬉しかったし、ありがたかったね。貼ってある写真を見ながらクラチさんが、「この中にはもう死んでしまった人もいますね」と言ってたのが印象に残っているのだが、つい先日それが2名増えてしまった。Mark E.SmithとECDだ。当たり前だけど、もう死んでしまった人の写真は2度と撮ることができない。死んだから写真の価値が上がるだろうとかそういう話ではなく、大事にしたいな、とは漠然と思いました。あと、撮れるときは撮った方がいいんだろうな、とも。機会を与えてくれた人がいっぱいいて成り立ってるというのは承知で、これからも好きにできれば、とは思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://targetearth.blog114.fc2.com/tb.php/303-8d246c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。