FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tommy Keene Japan Tour 2017
tommykeene_flyer.jpg

Tommy Keene Japan Tour 2017 “Back Again”

2015年秋、The Small Squareのギタリストとして初来日を果たしたTommy Keeneが再び日本に帰ってきます!!
今度は自らのバンドを引き連れ、名曲の数々をたっぷり聴かせてくれます!!

2/26(sun)東京 高円寺 ペンギンハウス Tokyo Koenji Penguin House

“Target Earth Presents”
Open:18:30/Start:19:00
adm:¥3300(+1d),door:¥3500(+1d)

w/ ROCKBOTTOM
The Thunderroads
Beat Caravan
Triple Junk

チケットお取り置き受付中です。僕やサポート・バンドのメンバーに連絡くれるか
Facebookのイベントページで「参加」にしてください。

■元はと言えば、昨年秋、Small Square(ポール・チャスティン)の東京公演に関して手伝って欲しいと山本くん(a.k.a.ゆるマッチョ先生)から相談されたのが始まり。
当然手伝うよ、ということで、僕がDJ、ロックボトムがサポート・アクトという形で手伝ったのだが、その際のギタリストがトミー・キーンだと聞いて我々は色めきたった!
あのトミー・キーンが!?来日!?特に稲垣はトミー・キーンに普段から入れ込んでいて、我々の定期的な飲み会の中でも毎回と言っていいほど話題にしていた、あのトミー・キーンが来る!?
もちろんあくまでもSmall Squareのメンバーとしてということであったが、失礼ながら我々の興味はトミー・キーンに寄っていた。
当日、トミー・キーンだけのセットも少しやってくれたのと、ロックボトムがバックで共通の持ち曲である"Shake Some Action"をやった感動は今でも憶えている。
ガッツのあるパワーポップが好みの中心にある僕としては、オフ・ステージでタバコをプカプカふかしながら、少しぶっきらぼうにしゃべるトミー・キーンの態度にはとても惹かれたな。

時は流れ~、年が明けたころにまたゆるマッチョから電話連絡があり、今度はトミー・キーンのバンドを単独でやるという。それはもちろん手伝うよ。
会場押さえはこうじに動いてもらったんだけど、なかなか難航した。東京で土日のいい場所を押さえるのはだいたい半年前くらいから動くのが常態化している中で、この日程は余裕がなかった。それに、関西の方が先にフィックスしているということもあり、ずらすのも困難なようだった。
なんとかペンギンを押さえてもらったが、トミー・キーンほどの人に対して、狭すぎやしないか?とも思ったり。まあ、DM3もペンギンでやってるんで、イイと言えばいいんだけど。

トミー・キーンはキャリアが長く、80年代前半にデビューしているゆえに70s~80sパワーポップの流れで聴いている人もいるだろうし、またヴェルヴェット・クラッシュの時代の90sパワーポップとして聴いている人もいるだろうし、マタドールからのリリース期に知ってUSインディーっぽい括りで聴いている人もいるだろう。だから、ファン層の幅広さを考えて、オープニング・アクトなしの単独でやるという選択肢も考えたのだが、、、やはり、せっかく自分に振ってくれた1日であるから、自分のレーベルの色を出すべきだという考えに至り、けっこうなヴォリュームになってしまった。できれば全部観てもらいたいけど、もし他のバンドは興味ないって人は21:00くらいに来てくれればいいと思う。

先日、追加公演として急遽決まった2/20の新代田FEVERにDJとして参加した。オープニングはBabyBlue。ここでのトミー・キーン観て、びっくりしたね。昨年のよりも数倍ラウドなバンドでで熱いライブだったから。思えば昨年はアコギを弾いてたか。テレキャスのジャリッとした音で弾きまくる弾きまくる。
正直、トミー・キーンだけ観たいってひとはこの日に来てもらえれば一番よかったのだが、月曜ってこともあり、なかなか寂しい状況だった。でも、パワフルにやり切ってたな。東京のパワーポップ・ファンよ、土日には集ってくれ!

Youtubeには過去の映像などいろいろ上がっているけど、直近のFeverのライブを貼っておきます。



トミー・キーンのツアー全体のインフォ、プロフィールはこちら

こぼれ話:
・トミー・キーンはアートフル・ドジャーのオーディションを受けたことがある
・RAZZ(トミー・キーン在籍)はDCエリアで初のニューウェーヴ・バンドだった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://targetearth.blog114.fc2.com/tb.php/295-a7467305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。