FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福岡 Jumpin' In The Night (その2)
[福岡 Jumpin' In The Night (その2)]の続きを読む
スポンサーサイト
福岡 Jumpin' In The Night (その1)
jumpin.jpg
DSWsPYCUIAABuje.jpg



1月の前半に福岡に行ってきた。福岡に行くのは10年ぶりくらいじゃないか?おそらくRockbottomと行ったのが最後だろう。福岡にいる平島くんとはいろいろやりとりを続けていて、ここ何年かはRaydios、Tweezers、Beat Caravanなどの福岡ライブに関して仲介のような連絡係のようなことをやっていたが、自分は付いて行ったりすることは無かった。

今回は2017年の夏に高円寺でやった写真展の福岡版、ということで話をもらった。9月にも水戸のRecords KNOXで写真の展示をやったので、写真展が巡回するよう形ということで話をもらった。写真だけ送って、適当に貼ってくださいというのもできなくはなかったが、せっかくいい話をもらったのでやることにした。ただ、自分の写真展だけでは弱いんじゃないか?という考えもあり、東京からバンドを連れていくのがいいんじゃない?ということで、Firestarterなども検討したけど、スケジュールの都合などもあり、Rulerにお願いすることにした。Rulerはまだレコードを出していないバンドだけど、東京でのライブは確実に盛り上がっていて、イケると踏んだ。平島くんもRulerで問題ないってことで、それ以外の部分は平島くんにお任せということで、対バン、DJをブッキングしてもらった。バンドをメインにして写真展をおまけということにしたらどうだろうか?と言ったのだけど、そこはこだわりがあったようで、写真展をメインとし、ゲストをRulerとした。
僕は会場準備があるので早く行かなければならなかったんだけど、バンドも一緒に早く行ってくれることになった。

昼には福岡に着き、平島くんの車にて移動、ラーメンを食いにいき、よせばいいのに替え玉をしてしまってお腹いっぱいで会場着。さっそく写真を貼り始める。Rulerもリハまで時間があるからと手伝ってくれたが、途中でリハ~外出(レコード屋?)で、僕は黙々と写真を貼り続けた。なんとなく、平島くんに時間を確認したら、もうオープンの時間になっていた!それでもまだ貼り続け、なんとかライブが始まるまでには終わらせた感じにはなった。このまえ東京に来てくれたときにはぜんぜん喋れなかったPushers / Knocksの市丸くんも佐世保から来てくれた。
いや、しかし、写真を見たひとなどとお話ししたり、バンドのライブも観たいし、写真も少しは取りたいし、サケも飲みたいし、ととにかく忙しい!いろんなバンドとツアー同行もしたけど今回は写真を貼るという作業があったため、ベタ付きにならざるを得なかったので、それがいままでと違うとこかな。でも、写真が貼ってあるというのは人と話す切っ掛けにはなるな、と思った。
東京のバンドの写真を見ても面白いのかな?というのは水戸でやるまえにも思ったけど、みんなじっくり見てくれててよかったよ。
東京で会ったことのある人や、以前福岡で会ったことがある人もいたけど、初めて会ったり初めて喋ったりというのがその土地土地のシーンの雰囲気を感じ取れるというのやはり自分にとっては面白い。

Banana Erectorsの奥滝さんがDJをやってくれるはずだったんだけど、家庭の事情により急遽来れないことになった。せっかく写真を貼っておいたのに残念だ!あと、もしかしたら会えるかなとこれも写真を貼っておいてNervous Breakdownの垣添兄弟にも会えなかったな。ドラムのナカジはThe Routesのメンバーなので、会うことができたけど。

各バンドに関しては次回につづく

fukuokatennrannkai.jpg

さらば新宿ジャム
telive.jpg


新宿JAMが2017年をもって閉店した。
最後の方はちょっとしたお祭りになっていたと思うが、2週間ほど過ぎた今、皆の話題に上ることがほとんどない。この波の引き具合の速さにはびっくりするが、自分のやった年末の企画について少し書いておこう。

新宿JAMは1980年にオープンした。古くから知る人は「ジャムスタ」という。スタジオ併設であり、レコーディングにも使用されていたという経緯による。僕の場合は単にジャムと呼んでいた。そのジャムが2017年いっぱいで営業を終了するということになった。理由はビルの老朽化による取り壊しということである。

37年もやっていたので、今は有名になっているバンドも多数出演しいていた、というのが閉店のニュースには必ずと言っていいほど書いてあった。そのこと自体は長くやっているところであればいくつかはあるだろうが、同時にモッズやハードコア、ガレージなどのシーンが80年代に形成されるのに一役買っているというのと、我々界隈でもたくさんのバンドが出演しているということ、それが重要だと思う。今は有名になったバンドたちも無名の時に出ていたわけで、つまるところ、ハードルが低く(使用料が安い)、門戸が開かれ、われわれの生活に近い自由な雰囲気があったということではないだろうか?メジャーに行くようなバンドあり、アンダーグラウンドに居続けるバンドもあり、という多様性を許容する風土があったのではないか。

われわれ界隈もかなりの頻度でジャムとシェルターの併用という感じで使用していたが、近年はへヴィ・シックやペンギンハウスなどを使う回数が増えたし、Pit Barなど新しい店もできたりして、ジャムで企画をやるバンドが減っていたように思う。当然ながら、観に行くライブが減れば足は遠のく。

そんなジャムから閉店の情報と閉店間際に企画をやりませんかとの打診がRockbottomを通じて僕の耳に入ってきた。それが5月くらいのことだったか。足が遠のいていたのだが、Rockbottomが長いことジャムのスタジオで練習やっているので、その関係で話が来たのだと思う。当然やる、ということになるのだが、Rockbottomの企画というよりはTarget Earthの企画にした方がいいのではないか?ということになった。

今回、ジャムが最後ということになると、メンツもある程度慎重に決めなきゃな、とは思いつつも結局は自分の馴染みのある、というかTarget Earthにゆかりのあるようなバンドたちでまとめた感じになった。のんびりと決めているうちにあっという間に秋になり、冬になった。途中議論していたのが、オールナイトにするのか、通常時間で終わりにするのか?ということだった。平日とはいえ、仕事納めの人も多いだろうから、オールナイトにするか、普通の時間に終わらせて忘年会をやるか、といったところだ。秋口になって、ジャムの深夜帯で警察から注意が入ったという話があり、オールナイトは厳しいんじゃないか?ってことにもなったんだけど、店長の石塚さんに相談したら、経緯は省くけど、大丈夫ということになった。それでもまあ、みんなオールナイトはキツイだろうということで、1時か2時くらいには終わらせるという流れにした。

Rockbottom、Thunderroads、Evil Hoodoo、Firestarter、Three Minute Movieとわりとすんなり決まった。そして今回サプライズとして、コードの発展形となるB.C.P.C.を仕込んだ。これは初ライブにする予定だったけど、11月のPushersをお披露目としてこのときは2回目のライブとなった。そして、ザ・ノウを解散したたくじのバンドGiza Gizaはこの日を初ライブとした。最後にすべりこみで、グレッグのTalent Showを入れて8バンド、となった。DJには尊敬する先輩、関口さんとノヴさんにお願いして、なかなか強力なメンツとなった。しかしながら、バンド数が多いので日付を超える設定にしなければならないというのと、当日仕事がある人、次の日仕事がある人、というそれぞれの都合があり、希望を入れ込むと真ん中に集中してしまうので、タイムテーブルを作るのはなかなか調整が大変だった。

当日、仕事を早あがりし、新宿に向かう。新宿駅からあの遊歩道「四季の道」を通って。今回は昼の部もライブ企画が入っていた関係でトップのGiza Gizaのみリハをやってすぐにスタート。それぞれのバンドについて書くと長くなるので、書かないけど、最初からお客さんがいっぱい入っていて、全バンド盛り上がっていた。みんなジャムで初ライブやったなどのいろいろな思い入れがあるだろうから、それをそれぞれの角度で感じながら演っていたのではないだろうか。僕は一応時間管理をしながら写真撮ったり、自分もDJやったり、みんなとしゃべったりとわりと忙しくしているうちにすぐ時間が経ってしまった。懸念していた終電後にガラガラになるのでは、ということもなく、みんなけっこう残ってくれていたのでよかった。案の定、間に合うのか間に合わないのか?というタイミングで来る人がそれなりにいたりして、一部順番変えたりもしたけど、なんとかやり切った感はあったな。Target Earthと出てくれたバンドたち、そしてジャムの関係性っていうか、あの感じ、天井の低さ、楽屋の感じ、ドリンクカウンター、トイレ、ステージの奥行のかんじなどなどいろいろな場面を思い出しつつ。

ジャムは途中経営母体が代わったりもしているけど、僕らにとっては変わらないジャムだった。お客さんにとってどうか、というのは一番大事ではあるけど、ライブハウスというのはビジネス面の維持と文化貢献的な面のバランスが大変で、バンドとライブハウスに双方に負荷が掛からない形でやるのはなかなか難しいわけですが、その中では非常にバンド側、企画者側に寄ったお店だったのではないかと思っている。環境改善を声高に言うつもりはないですが、このような店があったことは他のお店の方々も憶えておいてもいいのではないかと思う。
新宿ジャム、お疲れ様でした。

FSjam_1.jpg

gizagiza_jam_2.jpg

3mm_jam_2.jpg

evil_jam_2.jpg

BCPC_jam_2.jpg

FS_jam_2.jpg

RB_jam_1.jpg

thunder_jam_1.jpg

talentshaw_jam_1.jpg

nov_jam_2.jpg

gizagiza_jam_1.jpg

bcpc.jpg

3mm_jam_1.jpg

evil_jam_1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。