FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COZYのライブ予定
COZY JAPAN TOUR 2013!

cozybw.jpg
cozy

8/2(金)神保町 試聴室 w/Stairs (Real Numbersあり)
開場:19:30 / 開演:20:00
料金:予約 1,500円+1ドリンク(500円) / 当日 2,000円+1ドリンク(500円)


8/3(土)新代田Fever Rock市Rock座 w/Teengenerate他 →SOLD OUT!

8/4(日)水戸90east
Record Knox presents Into The Future vol.26
Middle Edge, Transfers
DJ : Seiko (exThe Novice), Aya (exSelectionz) (Real Numbersあり)

8/6(火)ぷあかう w/ Gorilla, Hateman
20:00~
1,000円

8/8(木)浜松 G-SIDE "HEAT-SHOCK 10"
19:00 open 19:30 start
1,000yen +500(1d)
w/KiLLER Q, Florians,クタミとジーコ
DJ MIYAKEN, MASA68
 (Real Numbersあり)

8/10(土)難波Bears w/Liquid Screen,Raydios, Frantic Stuffs, XL Fits

8/11(日)高円寺ダイナモ 
w/The ノウ, Knock, コード, Car Crash,Young Parisian
1,000yen + 1drink

ということで、けっこうやりますよ。
料金とか時間は決まったらここにアップデートします。

COZYは、HOZACからシングルのリリースがありますが、もうすぐアルバムも出る予定です。
日本に来るときにはギリギリ間に合わなさそうだけどね、、、

COZYのスティーブとイーライはBOYS CLUBのメンバーでもありました。BOYS CLUBは2009年に来日していまして、そのときもすこしお手伝いさせてもらいました縁で、今回もブッキングなどを手伝っています。
中学生のとき、周りとなじめなかったスティーブは逃避の手段として音楽を聴くようになり、その中でTeengenerateなど日本のバンドが好きになっていった。大学生になると留学生として日本に来て、
FirestarterやGimmiesのライブに来るようになりそのシーンにのめりこんでいった。
レンの「自分のバンドをやるべきだよ」という励ましのもと、帰国してBoys Clubを結成、
ほんとうに初心者といってもいいチープなバンドだけど、彼は成し遂げた。シングルも出し、アルバムも出し、
バンドとして日本に戻ってきた。
2009年の日本ツアーのあと、ほどなくしてバンドは解散してしまうが、スティーブは新たにCOZYを結成する。
コンセプトとしてはティーニーバップやグラムがあるんだろうなと思えるかんじで、
つたないながらも、できることをやる、というBOYS CLUBよりも
発展したような感じがしたし、コンセプチュアルすぎる部分を越える楽しさを感じることができたので
手伝うことにした。最初はアドバイスをしていたのが手伝う流れになったとも言うが、、、
実をいうと、僕はスティーブが最初に日本に留学生として来ていた時期にはしゃべったことはない。
その後、ファンジンでFirestarterのコラムを書いてもらったり、Target Earthで出したWhite Flagの歌詞対訳をやってもらったりというのはすべてメールでのやりとりであった。
しばらく経って、ぷあかうで初めてしゃべったんだと思う。
まあ、アメリカ人としては変わったやつなんだろうけど、Firestarterのファンだっていうことで、
通じる部分が多いよな、というのは判る。
そんな彼が、Teengenerateと共演するというのは、想像するだけで胸が熱くなるが、本人にとってはもっと凄いことだと感じているんだろうな。
楽しみにしているよ。


上の予定表で(Real Numbersあり)と書いてあるのは、スティーブを除くメンバーがやっている別バンド
Real Numbersのことです。イーライが中心、ということでいいのかな。
手作り感あふれるパンク・バンドです。こちらもぜひ注目。
スティーブとイーライが運営しているThree Dimentional RecordsからLPを出したばかりだ。
realnumbers.jpg
real numbers
スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

チケット完売
7/7にロック市ロック座のチケットが発売され、1日で完売した。
すごいことになってきたね。
僕の記憶するかぎり、Teengenerateのチケットが前売り発売日に完売なんていうのは
なかった。
完売自体も解散ライブやFire Shockなど数回だけだろうね。

いつもいつも、企画してからライブ当日までしつこく告知しまくっているので、
完売は予想しつつも、この早さは驚きの展開となったわけです。
企画バンドのサンダーローズとロックボトムが、毎年、出演バンド、DJ、出店者の決定、
運営や宣伝など議論を重ねて、
苦労しながらやっているのを横目で見て知っているので、なおさらそう思うのかもしれない。
僕はロック市の企画者ではありませんが、、、境遇としては似たところに居るかな、と。
苦労が実を結んだ瞬間っていうのだろうか、、、まあ、当日終えるまではなんともいえないけどね。


買いたくても買えなかったひともいるだろうけど、
では何回もやればいいとか、大きい会場でやればいいとかいう話ではないと思うので
難しい話ですね。
僕としては友人達が皆買えただろうことを願ってます、、、。

この再結成は、ロック市ロック座というイベント内で行われるわけで、
僕としては、そこに注目してもらいたいわけです。
正直言って、単独ライブで5,000円くらいの値を付けても同様に完売するだろう。
でも、なんで彼らはこのようなイベントを選んだのか?

僕は、彼らなりのシーンへの恩返しだと思っている。
シーンがあってこそ自分達がいる、という当たり前なんだけど、忘れがちなことを
思い出して欲しいということだろうな、と解釈する。
だから、多くの人の主目的はTeengenerateになるということは百も承知で、
イベント自体を楽しんでもらえればな、と思う。
もっといえば、参加しているバンドのこともどんどん話題にしてもらって、
今後のライブにも来てもらえればな、と思っている。

熱い一日になると思いますので、皆で楽しみましょう。
僕もDJとして参加しますので、よろしくお願いします!
THE RAYDIOS / DO YOU WANNA WALK WITH ME?
doyou.jpg

※Raydiosシングルの3枚連続リリースに関して誤認があったので、7/10に修正

先週のTeengenerateに関する発表は、かなりの反響をいただきました。
僕は、与えられた使命を粛々とこなしていきます。

ロック市ロック座にはスティーブくんのCOZYも出ますのでおたのしみに。
COZYはそのほか何箇所かでのライブも予定しています。
COZYに関しては過去のエントリーのこちらを読んでみてください。

今日は、Teengenerateの話題に乗っかって、Target EarthのリリースThe Raydiosを紹介したいと思います。
The RaydiosはTeengenerateの解散後、Finkが結成したバンド。
97? 結成当時のメンバーはFink, Sammy (ex.Teengenerate), Aoki (Havenot's), Yoda(Havenot's)で、
Misfitsのオープニングがデビュー・ライブとなった。
この第1期のRaydiosは、Aokiが脱退、Fifiが加入という不安定な活動で4回くらいのライブで解散状態になり、自然な流れとしてFinkがFirestarterに加入するという形に落ち着く。
この時期の録音が"Original Demo Recording"というタイトルでドイツのScreaming Appleからリリース。
同時期にTarget Earthから4曲入りのEPもリリース。LPには未収録のScientists / Last Nightのカヴァーを収録。

時は流れ、00年代半ば、自分の曲を中心にやりたいという欲求のもとにFinkがFirestarterを脱退、The Raydiosを再編することになる。メンバーはFink, Azumi(ex.The Youngones), Kashima (Rockbottom)

このメンバーでシングルRock Brouchure(Three Dimentional)をリリース、続いてMangrove Labelからアルバム"Now"をリリースした。このアルバムはDirtnapからLPでもリリースされた。
この辺のリリースと前後して、ギターにSawa (the Faceful)が加入、4人体制となる。
Sawa が加わったことにより、音の厚みが増し、Raydiosの迫力あるサウンドが強固なものになってきた。

2011年、Mangrove labelより、シングルが立て続けに2枚リリースされた"Fallin Apart" "Do It"。
その後Kashimaが脱退、ドラムにヘルプでKill TimesのKazが加入、しばらくライブを続けたのち、
2012年にex. The YoungonesのSuzukiが本格加入し、ex.Youngonesのリズム隊が揃い現在のラインナップとなる。
その後コンピ7インチ"It's All Panic!"にこのメンバーでの録音で参加。

で、ようやくこのシングルの話になるわけですが、
実は、このシングルはKashima在籍時の録音となります。
もともとはシングル3枚を連続で出すという構想がありMangroveから連続でのリリースとなったわけです。
それが上に書いた"Fallin Apart" "Do It"の2枚。
で、Finkの判断で、Target Earthからもどうですか、とお話をもらったわけです。
なので、録音時期としてはMangroveの2枚と同時期といえるでしょう。
Finkが言うには、Teengenerate時代には海外のいろいろなレーベルから出したけど、いろいろ勝手にやられて苦労した面もあるみたいで、現在は気心の知れたレーベルから出すのがいいという判断のようです。
で、この録音、B面でオルガンでは宇佐美くん(ex. Evil Hoodoo)が参加してたりコーラスで森本くん(the Playmates)、こうじ(Rockbottom)が参加していまして、ライブとはちょっとちがった趣があると思います。
あと、裏ジャケのデザインにこめられたメッセージもありますので(説明するのは野暮ですが)そのあたりも受け取ってもらえればと思っています。
どうでもいい余談的な話ですが、ジャケは経費削減のため、自分で貼り付けをやりました。最初は楽しくできるんだけど、だんだんしんどくなってくるというのは人の常。お店によって納品時期がずれてしまうというご迷惑をおかけしました!すみません!

彼らのライブ、およびNatとかBaseで売ってますので、ぜひ!

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。