FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ROCKBOTTOM 3rdアルバム!
ROCKBOTTOMのサード・アルバムをTarget Earthがリリースすることになりました。

ROCKBOTTOM / REVENGE
RB.jpg


発売は11月の頭を予定していまして、いまレコーディング中です。

アルバムとしては前作"Time Will Be Light"が2006年の夏にリリースされていますので
約5年振りのリリースとなります。

振り返ってみると、前作を出した時期、バンドと自分の間で色々と考えが違う部分があり、
それをどうしても摺り合わせることができなかったので、これだけ時間が空いてしまったともいえる。
その間、自分は自分なりに他のバンドのリリースや招聘、イベントなどを続けていたし
バンドの方もずっと活動を続けていたのだが、お互いに一緒にやる意味を見出せないままでいた。

今回の流れとして切っ掛けがあるとすれば彼ら自身の自主制作による7インチがそれだと思う。
これを出すことによって盤を出す意味(大げさだけどね、今のような時代だからこそ考える必要はある)、
それに付随するもろもろに関して、自分のやってきたことを解ってもらえたというのもあり、
また一緒にやりませんか?と声を掛けてもらった。
メンバー全員と話してみて、自分としては不安要素もあるが、やってみる価値はあるな、という考えに至った。

いままで、Target Earthのリリースというのは意図したわけではないが、
一つのバンドを継続して出すということができていなかった。
その中で例外がRockbottomで、間隔をおいて2枚のリリースをしてきたわけで、こうなったら
とことん付き合ってみたいな、という気持ちになった。
既存のレーベルで、彼らのことをバックボーン含めて理解しているのはTarget Earthだけだろうという自負もある。

先日、アルバム全曲分のデモ・レコーディングを聴いた。
これを聴くかぎり、楽曲のクオリティ、気合はかなりのものだと確信した。

リリースに前後して各地のライブも決まりつつあるので、11月には各地で爆発するよ!

みんな待っててくれ。

スポンサーサイト
ヒデ・ナイト
nukey.jpg
(写真はNukey Pikes@渋谷クアトロ1992,自分が撮ったものです。イベントでニューキーが掛かるかはわかりませんが、、、この時期の象徴的なバンドだと思いますので上げときます)


ヒデ・ナイト~90年代バンドのデモテープを聴きたおせ!

6/24(金)

ぷあかうにて

ゲスト:ヒデ(aka-HDK/CRADLE TO GRAVE)

司会進行:中上マサオ(TARGET EARTH)

協力:ヒロシ(KNOCK)

スタート:21時頃/チャージなし

っていうのをやります。今回はUst中継しませんので、ぜひ現場に観にきてください!


「聴きたおせ!」ってのもどうかと思いますが(笑)
このイベントを企画した背景をすこし。

まず、ここ1,2年くらいで90年代~の日本のロックを振り返るような本がいくつか出てまして、
大まかに時代を捉えるという意味でメジャー中心の大筋でいくしかないというのも理解できますが、
僕らがさんざん観たりして大好きだったバンドたちがほとんど語られてないじゃんか、という怒り。
僕らが観てきたものは無かったことになっている。

そして90年代前半のジャンルレスな状況が、細分化された今では理解されにくいといいうのもあります。
色んなジャンルのバンドが入り乱れてライブをやっていた、という状況を知らせたい。
時代背景として、何度か書いてるかもしれないですが
携帯やインターネットがない最後の時代であり、音楽が好きな若者のコミュニケーション手段や情報を得る手段としてはライブに行くか、レコード屋に行くかという手段がメインだったということなど。

大筋では抜け落ちるだろうけど、確実にすごいバンドはいっぱいいたという経験的事実。

レコードを出すというのはそれなりにハードルが高く、デモが多く流通していた。
時代を考えると、やはりCDRではなく、デモテープの最後の時代かと(いままたテープ使う人もいるみたいですけど)

という考えをもとにイベント化しようと思ったわけです。
で、僕の知るところでは90sバンドのデモ・テープといったらヒデちゃんだろうということでお願いしました。
もっと持っている人もいるかも知れないですが、旧知の仲というのもあるんで。
90年代初頭、ライブハウスでよく見かける奴としてヒデちゃんのことを知り、
いつごろから話すようになったのか、いまとなってはよく記憶していませんが、
仲良くなったわけです。
彼はご存知のとおりクレイドルのメンバーであり、自分でレーベルもやっていて、言ってみれば
今の自分とは方向性はかなり違いますが、
上に書いたようにジャンルレスの状況があったときに知り合ったということもあり
そのときの空気を感じていたひとりだと思いますので、頼んでみました。

テープにもいくつか種類があると思います
(音楽のジャンルではないです)
・レコード、CDのリリースがされなかったバンドのデモ
・コンピには入っているが単独作のないバンド
・レコードは出ているけど、初期の、ちょっと違った音楽性だったデモ
・レコードは出てるけど、レコードより凄いデモ

大雑把には上記のようなものを紹介します。
一応喋り込みで1時間半~2時間くらいの予定なんで、厳選していきたいと思います。
昨日打ち合わせはしましたが、どんなテープを持ってくるかはヒデちゃん判断に任せていますので、
僕も当日が楽しみです。
懐古ではなく、新たな驚きを持って聴けるといいな、と思ってます。




テーマ:ロック - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。