FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SMALLSPEAKER初ライブ決定
ss.jpg

1stアルバム“DESKTOP ROCK'N'ROLL”をリリースする“SMALLSPEAKER”こと大槻洋氏のライブを
4月2日(金)にぷあかうで行います。SMALLSPEAKERとしての1stライブになります。

CDもこの日にぷあかうで先行発売します。

入場無料です

セットリストには同アルバムからはもちろん、REGISTRATORS~BRIGHTLINERのレパートリーもたくさん入る模様。
また、当日は大槻氏がエレキギター1本でかっとばす完全なワンマンスタイルでのライブになります。

※ライブのスタートは9時ぐらいになると思います。

2ヶ月まえくらいからいろいろ関わってきた作品なので(といっても中身には関わってないですが:笑)
ひじょうに楽しみです。
ある意味問題作なので、どういう反応が出てくるかも興味あるね。

スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

R.I.P. Alex Chilton 1950-2010
alex2.jpg

アレックス・チルトンが死んだと知ってから、数日、音楽を聴く気になれなかった。
しかし、いつまでもがっかりしているわけにもいかないよね。

アレックス・チルトンの功績、みたいなもんはどこかで誰かがまとめてくれるだろう。
ぼくはそのような知識を持ち合わせていない。
全作品を網羅しているわけでもないので。
だけど、彼がどのような存在だったかはなんとなくわかっているつもり。
真の偉人だった。


ここに載せた写真は前に手に入れたFeudalist Tarts時と思われるのプロモ写真。
ふつう、プロモ写真はアーティスト、タイトル、レーベル名などを入れた複写みたいな
感じなのだけど、
この写真は、撮影者が自らプリントしたと思われる紙焼き。
肌の質感などのディティールまでくっきりと写りこんでいるリアルな感触の写真だ。
ぷあかうに預けておいたので、見たいひとは一声掛ければ見せてくれると思います。








THE ROUTESのニュー・シングル
dwfaa-159x157[1]

大分県日田のバンド、THE ROUTESより新しいシングルが届いた。

この界隈出身の友人たちに言わせると、ホントに何もないところ、らしいのだが、、、
よくそんなとこからこんなバンドが出てきたね!ということで甘くしているのではなく、
そういった点を差し引いてもこのバンドは素晴らしい。
個人的にはあまり東京のガレージ系のライブには顔を出さなくなってしまったのだが、
いま東京にはこういうバンドいるのかな?シンプルなカッコよさはFADEAWAYSが近いかな?

2003年頃、イギリスから来てなぜかここに落ち着いてしまったという青年クリスが結成したバンドで、前身のFACIALSのときにデモのCDを送ってくれ、クッキーシーンでレビューをしたりしたのがきっかけでやりとりをするようになるのだが、
一貫して、たとえばプリティ・シングスあたりから連なる、正統派とも言えるレイヴ・アップ系のガレージ・パンクをやっていて、そのクオリティはかなり高い。
アルバム一枚とコンピ数枚への参加もあるが、シングルとしては初めてじゃないかな。
とくにB面の速い曲がカッコいい。
今作からドラムが元ナーヴァス・ブレイクダウンの中山くんになっている。自分はナーヴァスのこともものすごい好きだから、複雑な気持ちにもなるけど、このシングルは文句なしだ。


myspaceもあるので、音をチェックしてみてください。


シャドウズ・オブ・ナイトのカヴァーのライブ映像


テーマ:ロック - ジャンル:音楽

MUSIC GO MUSIC
あんまりよく知らないんですが、ABBAっぽい雰囲気のあるグループです。
もともとパーティー・バンドだったらしく、ディスコっぽさもあるポップスってかんじかな。
ライブの映像みるとあんまりABBAっぽくもないんだけどね。曲の感じが。
チェックしてみて



myspaceもあるんで聴いてみて。

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

BGO / YAGGIES
ST330097.jpg

ここんとこ、ライブハウスを押さえるのが大変だという印象がある。
ライブハウスはいっぱい出来ているので、本当はそうでもないのかもしれないけど
土日にやりたい場所を押さえようとすると
半年以上先のライブの日程を押さえなければいけなかったりする。
10年くらい前は2,3ヶ月前であれば押さえられたこともあったけど、
シェルターなどは半年前じゃなきゃダメだということになり、
それが常識化している。

先月、こうじ(RB / BB)に「10月にジャム押さえました」と言われて
さすがにズッこけた。ジャムも8ヵ月後とかじゃないとだめなのかー

最近は、土日に同系統のライブが被り、結果、客が割れてしまうというような現象もよくあって、
それをなんとか調整したりできないのかなぁ、と思ったりもするんですが、
そんなような感じで先の先まで押さえておかないとなると、
なかなか大変な面もあるな、と思う。

FIRESTARTER / ノウ / RANGSTEENで始めたBEAT GOES ONという企画にも
そういうところをどうにかせんとなー、というコンセプトがあったような気がする。
かといってそんなに調整しているような気もしないけど(笑)
今月14日にERAであるみたいです。

大阪のYAGGIESというバンドが来ます。
4曲入りのデモCDRが出てて、どこかで売っていると思うので、チェックしてみては。
YAGGIESはフランティックのナオキ、X-DISCOSのRYOTA、ラウダーのトーマ、HATE NEWSのMASUからなる、いわゆるプロジェクトバンドだが、
それぞれのバンドではあまり表出させてないポップなマインドを持った曲、演奏で、
ま、ライブは観たことないんだけど、CDRを聴く限り、ゴキゲンなんじゃないかな、と予想はできるね。
YAGGIESのmyspaceで試聴もできます。
ACTION DOGS
action.jpg

先日リリースされたプリムソウルズのライブ盤を聴いていたら、終盤、ピーター・ケイスが「アクション・ドッグス!」と言っているのが聴こえた。
おっ、と思ってクレジットを見ると、フレッシュトーンズの面々がゲストで参加している。
そう、プリムソウルズ+フレッシュトーンズ=アクション・ドッグスなのだ。

80年代、スカイクラッドから出たコンピTIME BOMB!は、フレッシュトーンズが色々なバンドと絡んで録音した曲を集めたもので、その中でひときわカッコいいのがアクション・ドッグスなんだよな。
この他に録音はあるのかわかりませんが、プリムソウルズのファンはこの1曲だけのために買ってもいいと思いますよ。いつも安く売ってるし。

dogs.jpg

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

Glitter Bandのライブがあるよ
ロンドンで。
27014_337730531684_564336684_4017568_4962013_n[1]

ゲストでスピッツエナジー!アンジー・ボウイ!
SMALLSPEAKERについて
ss.jpg

レジストレイターズ / ブライトライナーの大槻によるソロ・ユニット、SMALLSPEAKER(スモールスピーカー)がついに始動!

・アーティスト名:SMALLSPEAKER
・タイトル:DESKTOP ROCK'N'ROLL
・レーベル名:SMALLSPEAKER RECORDINGS
・品番 :SS 001
・発売日 : 4 / 14 / 2010
・曲目
1. JUST DON'T KNOW
2. THIS IS MY BLOOD
3. SHE SAID GO
4. LAST KISS
5. LIVE FOR NOW
6. A GIRL FROM NOFANTASY
7. KNOCK ME DOWN
8. EVERYWHERE
9. LIGHTNING IMAGES
10. PERFECT MORNING
11. NARROW WAY
・価格(税込み)¥2300

以上、基礎データ。

制作過程についてはSMALLSPEAKERのブログに詳しく載っている。

試聴はmyspaceにてできる。

このアルバムに関して、大槻くんと何度か話をしたり、メールのやりとりをした。
しかし、聴いたのはすべてが終了してからで、途中では聴いていない。
ウワサ好きなひとたちが聞きたいのは、なぜ彼がブライトライナーをやめたか、どうしてソロになったか
という部分だと思うけど、僕はそのような話にはあまり興味がなく、彼ともその手の話はしていない。

ただ、なんか面白いことやってくれるだろうな、と思っただけ。
上記myspaceで試聴してもらえればわかると思うけど、
リズムの感覚が過去のバンドとは大きく違い、
それに面くらうけど、何度も聴いているとだんだん良くなってくるんだよね。

あまり事前にあれこれ書いてもアレなので、
内容についてはリリースされてからまた書きたいと思います。

とにかく、なんか面白いことやってくれるだろうな、という期待には応えてくれる作品であるということは言える。
Barracudas新作
26598_10150110527915447_507775446_11293670_6724167_n[1]

ジェレミーさんがFacebookに上げていた画像。
追って知らせるというコメントがあったけど。
シングルなのかな?
そして付属しているのは靴ベラ?
INTIMATE FAGSのシンプルな凄み
090926_1605~01

INTIMATE FAGSの新しいデモ、といっても数ヶ月前にライブで配布したいたものだけど、
友人のツテをたどって入手した。

いわゆるクロロホルム系(?)のバンドたちは、その後、だんだんと複雑な音楽性になる傾向があった。
ポスト・パンク的になったり、ダンサブルになったり。
それは自然で必然的な流れであったとも言えるし、そのような音楽も好きだし、
ただ、そういう傾向があったというだけの話です。
INTIMATE FAGSも例外ではなく、3枚目から4枚目のシングルでは
アヴァン・ポップな雰囲気を持つパンクといったかんじの音楽性を持っていた。
その流れ、そしてINTIMATE FAGSのすべてのレコードは好きだが、
この、いまのところの最新デモで聴けるのは、シンプルなパンクロックへと回帰した姿だ。
シンプルになっただけでなく、凄みも増している。
音圧があるとかそういう話ではなく、盤から聴ける音に凄みがある、ということ。

比較的最近の動画があったので、載せておきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。