FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ノウ 1stアルバム「ノウ宣言」発売記念フリーLIVE
5月23日(金)
下北沢ディスクユニオン

ザ・ノウ 1stアルバム「ノウ宣言」発売記念フリーLIVE

出演:THE NOU
   ゲスト:USAMY from EVILHOODOO

開場/開演⇒21:30頃

料金⇒無料!

-------------------------------------------------------------------------

ぼくも間に合えば行ってみようかと思う。

遅い時間だけど、シェルターでライブがあった場合、
最後のバンドはこのくらいの時間だもんね、いや、もっと遅いか。
それ考えると遅くはないね。

退屈してるひとたち、集まれ。
ふだん、「高ぇ高ぇ」「金がねぇ」と言ってるひとも来てみれば?
ナンタッテリョウキンムリョウだぜ?
ドリンク代もとらないしね。
下北までの電車賃もないとなったら、そのくらいは誰かに借りるとか
一食抜く(苦笑)とかすればどうにかなるんじゃないかな。
ここから何が始まるか、みてみようじゃないか。
スポンサーサイト
嵐も去り、月のきれいな夜でした
悲しいできごとがあったあとはなかなか文など書く気にはなれないね。
でも、悲しくても生きていくしかないし、いろいろやっていくしかないのかな。

いやーしかし、友達の死を書いた記事にも容赦なくエロ・コメントがどんどん書き込まれ(苦笑)
社会の厳しさの一面を垣間みました。そんなコメントは削除しますけど。

もう一週間経っちゃったけど、先週の火曜にKMWのライブに行った。
正確に言うと、間に合ってなかったんですが(苦笑)

久々にKMWの面々と話をすることができてよかったな。
そして、彼らは以前にも増して熱いやつらだったね。

パンク・ロックに関しての現状を見据えた鋭い意見が多かったね。
そんな話題に興味がある人は彼らに話しかけてみて。

R.I.P.
友人のシゲキくんががんで亡くなった。享年29歳。

彼はDJ SHIGEKIという名でDollなどにも寄稿していたので、知っている人もいると思う。
いわゆるラスティックもののDJとして、シーンを支えてきた一人だ。

僕は彼と職場が一緒になったことがあり、
また、僕自身、東京スカンクスのジャケをやったりと初期のラスティック・シーンをみてきた
ということもあり、親しくするようになったわけだ。

ポーグスの話とか、いろいろ話したけど、
彼の音楽に対する探究心、幅広く受け入れる心、
そして反骨精神にはいつも一目おいていた。
酒が大好きで、Drink 'em Allってイベントもやっていた。

うーん、早い、早すぎるな、、、

もう一度じっくり呑みたかったな。


rockbottomのフライヤー
このまえのライブでもらったRockbottomのフライヤーがファンジン仕立てになっていた。
内容はCheaptrickの武道館ライブ・レポートだった。
これからRockbottomはフライヤーにこういった読み物を刷るということだ。
10年ほど前からこうじが幾度となくファンジンの制作にトライし、つくるものの
あまり続かないという光景を見て来たが、
この「懲りてない」感は決して嫌いじゃないな。むしろ喜ばしい。
思えば稲垣のMore Funも出発点はファンジンだったね。

今の音楽雑誌はしょうもない、という人がよくいるが、
それはだいたい当たっているし、昔の方が面白い記事も多かったのは確かだ。
でも、読みたいものがないのであれば、自分でやればいい、と僕はよく言っている。
雑誌ってのは大変なんだ。自分でできないなら黙ってろ、というのはまたちょっと違うんですが、、、
自分でもなにか書こうと思えば書けるんじゃないかな、って程度で。
手間の面を考えるならブログでもいいし、好きなようにものを書けば
それでいいのではないか、と思う。
それを大勢に読んでもらえるか、はまた別の問題だけど、既存の音楽雑誌と違うものを
発信だけはできるはずだ。
だが、やる人は少ない。
まえにも書いたけど、いろいろ考えるとめんどくさいし、
それは自分にもあるし、まあ、わかるけどね。

そのRockbottomのフライヤーはまあ、ちょっとした時間で読めてしまうようなものだけど、帰りの電車で気軽に読めていいんじゃないかな。と思った。




5.3
シェルターのライブは、僕のイメージする「シェルターでのライブ」に合致する感じのライブだったな。
一応、Raydiosのレコ発的位置づけもあったらしいけど、Raydiosは2番目ということで(笑)まあ、彼らしい。

Firestarterは新曲も増えてきて、アルバムへの流れができてきているようにも思う。
ときおり、ジンとくる瞬間もあったり。
また、久々に会う人も多く、いろいろな話ができてよかった。

店長を辞めてしまった西村さんにも挨拶できたし。
西村さんにはいろいろと無理言ったり、バックの面でもこちらの厳しい環境を考慮してくれたり、かなりお世話になった。今後は自分でなにか立ち上げるみたいなので、
またお互いがんばりましょう。

いつのまにか、パンク・ロックのシーンも自己の利益だけを優先するような人が増えてしまった(ような気がする)が、
無償でシーン(とあえていいますが)、バンドのために動いてくれるひともいるわけで、
そういう人に「そんなことやってなんの得があるんですか?」と思う人もいるかもしれないし、バカだと思うかもしれないですが、僕はそういうバカが大好きだし、
ひじょうに頭の下がる思いを何度も経験している。
損しないようにやってく頭の良さは必要だろうけど、全ての人が自分の利益だけのために、と思ってしまったら、もう終わりだな。
パンクとかではないでしょ、それはもう。

この日いた、TCOくんと大地くんもまさにそんな人たちだ。
とくにTCO氏の心の広さと親切さには涙が出た。
せんでん
080503_2.jpg


この日のライブでもThe BaconsのCDを販売させていただきます。

The RaydiosのCDも先行発売するらしいんで、お小遣い多めに用意してくださいね。
無題
こういうところへ文を書くのがだんだんとおっくうになっている

みな、音楽好きであれば、なんかしらの感想はあると思うけど、
いまの世の中、そういったことをこういうところでハッキリというのは渋る傾向にある、と思う。
日本だけの傾向かもしれないんですが。
今の僕もその傾向にあるといえるだろうな。昔だったらズバって言ってたことが
なんとなく言いづらい。
まあ、歳とってすれたといえばすれたんだろうけど、
気に入らなかったものだけでなく、気に入ったものでも言いづらいのはどういうことだ。
これはすごく良いんだ、ということも憚れるような、、、
いろいろ考えると面倒で、おっくうになってくるわけだ。

でも、音楽についてあれこれ語るってのはあった方がいいと思うんだよね。
自分も読みたいし。
もっと気楽にあれこれ語れないのだろうか?と思ってしまう。

youtubeなどもあるし「百聞は一見にしかず」的なことを言うひともいるけど、
それだけあれば、満足かっていうとそうじゃないのではないかな?
レコード、ライブ、それだけでいい、という人もいるかもね。
まあ、大部分はそうだろうし「音楽雑誌なんていらないんだよ」という人もいる。
それもそうだけど「つまらない音楽雑誌」がいらないだけで、
文でいろんな考えを知るっていうのはあった方がいいと思うんだよね。

ネットができて便利になったかといえば、これは道具なんだよね、やはり。
ある程度の知識の蓄積があったら使いようがあるけど、
ぼくらよりもっと若い世代、たとえば10代の子たちが
youtubeのトップ画面を漠然と眺めても、僕らが聴いてもらいたいと思っているようなものに行き当たるのか?という疑問もある。まあ、検索でpunkとか入れればそれなりのモノには行き当たるとは思うけど。
しかし、いまやそもそもの切っ掛けさえも無いのでは?
下の欄で情報過多と書いたが、多すぎる中でなにを選べばいいのかわかんない、ということになっているのではないだろうかね。
今後はもう、前から聴いてるひとがただ掘り下げていくだけになっていくのではないかと思う。

こういう場に書くのはアレだけど、あれこれ話したいよね、っていう人はそれなりにいると思うけど、まあ、それは前からあることで、ネットは結局、語り合うという面においては難しい道具になってしまったのかな、と。mixiにもコミュニティーがいくつもあるけど、僕の好きなような音楽のコミュニティーは意見が殆どないまま過疎化してる。じゃあ、お前が書けよという話だろうけど、僕がいっぱい書いたらうっとおしがられるだろうか?とか思うとめんどくさくなるわけです。

なんか窮屈ですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。