FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE STEMS追加情報
The Stemsのライブですが、
3/28(金) UFO CLUBも決定しました。
Eagle Never Huntsのイベントに参加する形になります。
みなさん、よろしくです!
スポンサーサイト
THE STEMS 再来日 決定!
stemsshelter.jpg

昨年11月に来日して大好評を得たオーストラリアのTHE STEMSが
3月に再来日します!
今回はオーストラリアの地元パースでの3回に始まり
アメリカのSouth by South Westフェスや
スペイン、イギリス、イタリアを回る、1ヶ月以上におよぶワールド・ツアーの一環として組み込まれたものです。
最後にはオーストラリアのアポロ・ベイ・ミュージック・フェスティヴァルに出演します。

日本は
3/29(土)高円寺HIGHです。
料金、時間、対バンなどは追ってお知らせします。
前回見逃したひとは観ておいたほうがいいと思います。
自分でCDを出しているという点のひいきを差し引いても素晴らしいライブでしたよ。
(写真はシェルターでのライブ)

THE STEMS myspace
The Cramps / G.G. Allinの映画
12日より渋谷シアターNにてレイトショー公開
豪華2本立てレイトショー上映!!

「ザ・クランプス 精神病院ライブ」
原題:「THE CRAMPS LIVE AT NAPA STATE MENTAL HOSPITAL」
監督:不明
出演:ザ・クランプス、ナパ州立精神病院の患者さんたち

「全身ハードコア GGアリン」
原題:「HATED」
監督:トッド・フィリップス
出演:GGアリン、マール・アリン、ディー・ディー・ラモーン他

僕も以前撮った(90年)クランプスの写真をパンフに提供しています。
その写真を劇場にも展示しています。
詳しくは映画専用ブログにて。

写真は展示の様子です。
cramp.jpg



Cannibals Live
cannibalscd.jpg

先月号のDOLLにて特集もあった(ぼくも一部ディスクレビューなどやらせてもらいました)、
カンニバルズがくるよ。
自身のレーベルHITからのベストCDも無事に完成したようで、
よかったです。(画像はそのCDです)

今回の来日は、マイク・スペンサーと懇意にしている大分県在住の方が
個人的に招聘しているもので、こういう行動にたいしては応援したいですね。

以下ツネくんの書き込みからコピぺ

THE CANNIBALS  (featuring MIKE SPENSER) Tokyo Tour

1月13日(日) 東京 東高円寺 U.F.O. CLUB
BACK FROM THE GRAVE presents
ザ・クランプス“精神病院ライブ”劇場公開記念
「GRINDCRAMPS  DEMON OF THE SWAMP ~沼地に潜む悪魔たち~」
THE CANNIBALS (featuring Mike Spenser), YOUNG PARISIAN, THEEE BAT, 96粒の泪, The Mighty Moguls, 毛皮のマリーズ, BAIT ONES (from KOBE)
DJ/DADDY-O-NOV
Open 18:00 Start 18:30
Adv 2,000 (D別) Day 2,500(D別)
INFO:UFO CLUB 03-5306-0240

1月14日(月) 東京 新宿 club Doctor
「KING of TRASH ~ CANNIBALS JAPAN TOUR ~」
W/The Great Mongoose, THE FADEAWAYS, THE CHOCOLATES
DJ/HIROSHI SEKIGUCHI(SWANK)
Open 18:00 Start 18:30
Adv 2,300 (D別) Day 2,500(D別)
INFO: club Doctor 03-5337-1659
Humburg's Rock
ha.jpg

ハンバーグのデモCDRを貰ったんで聴いてる。
ライブの方がだんぜんよかったけど、このCDRもいいね。
なんのてらいもないロックだけど、それがいいんだ。
個人的には最近のニューウェーヴ的傾向の流行には乗れてないんで、
こういうのがグッとくるんですね。
ニューウェーヴ的傾向というのはパンク・ロックのあとにくる
ポスト・パンクへの流れとして当然と言えば当然なのだろうけど、
歴史は繰り返す、というようなところになんとなく乗り切れてないな、自分が。
好きなバンドもいますけど、傾向としてのそれには乗り切れないというか。
一方でポスト・パンク化せずにパンク・ロックのバンドとして
継続しているバンドもあったわけで
途中、ポップ化した時期もあったとはいえ、こんどくるThe Kidsなんかは
その典型だと思うし、いまは自分としてはそっちの方に惹かれるので、
こういうストレートなロックに小気味良いものを感じるね。
みなさんもライブ、チェックしてみてください。
ことしの予定
とりあえず
3月に一枚CDがでます。
詳細はまだ言えないんですが日本のバンドです。
4月にライブの企画をやろうと思ってます。
これも来日ではないです。日本のバンドです。
ってことで、
動いてますので、よろしくです。
この前観たハンバーグってバンドは面白いな。
スカッとしたよ。
2008年
もう2008年になってしまったな。
2007年になにが出来たか?と考えるとたいしたことはやってないが、
表立ったことでは
リリースは2枚あったし、
Firestarterの10周年にあわせたファンジンをつくったり、
またThe Stemsの来日に関わったり、
あとはそれなりの量の文を書いたり写真を撮ったりというような
ことはやってはきた。
しかし、そういう表立ったことより、
いろんなひとと会って話をするのが面白かったな。
みんなが何考えてるのかってのを聞いたり。
他のジャンル?はどうかわからないけど、
僕ら界隈のジャンルの人はもうインターネットとかで
考えを発表するとかってほとんど無くなっちゃったし、
ライブの様子をレポートするようなひともあまりいない。
たとえば、このまえのDOGSって僕らの中ではそうとうにビッグな
バンドだと思うし、もっと話題になってしかるべきバンドだと思うけど、
レポートしてるひとはかなり少ないんじゃないかな?
インターネットってなんでもあるようで、そんなことないわけだ。
掲示板は文字通りのライブ告知やリリース告知を貼り付ける場となったが、
告知だらけになった結果、見る人が少なくなっていっているのではないかと思うし
そうなると、やらないよりはやった方がましというような意味合いの告知
ばかりになり、ますます過疎化しているのではないかな。
そんな状況もあり、
表面化してないからアンダーグラウンドに見えてしまうかもしれないけど
各所、生身のコミュニケーションの方が活発化しているね。今は。
そういう意味ではまた盛り返してるし、
いろんなところに足を運んでいるひとにとってはもっと面白くなるよ、2008年は。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。