FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真展に関して

shashintenflyer.jpg

今回、Record Shop Base 20周年ということで、店主の飯嶋氏より話をもらって写真の展示をすることになりました。

彼と僕とは同じ歳であり、また同じような系統のバンドが好きだったりと、違う道を通って来ているようでいて、共通点も多いのかな、というのもあるけど、ただ単純に誘ってくれたことが嬉しく、二つ返事で引き受けてしまいました。
しかしながら、僕は写真の展示ということに関してほぼ無関心のまま来てしまっているので、それなりに大変というか、見せ方や写真の焼き方、セレクトなんかなんかは正直まだまだやりようはあると思いつつも期限というものがあるので、これがいまの実力だとも言えます。そしてなにしろこういうことをやるのには労力もだけど、カネもかかります。僕は小金があれば自分のレーベルで友達のレコードを出したほうがいいのではないか?とか考えてしまう思考性なので、こうやって飯嶋氏が後押ししてくれたことによってなんとか形にすることができました。

でかい写真と小さい写真がありますが、僕はけっこう小さいの好きなんですよ。ギャラリーだとデカい写真でインパクトを出すとか、小さくても額装してそれなりに見せるというのが普通ですが、あえてラフに大きいのや小さいのがある感じでいきます。小さいからって重要度が低いわけではなくて、けっこう小さいのが好きだということで理解してもらえればと思います。

繝帙z繧ケ繝医き繝シ繝医y蛟呵」彌17

話変わりますが、常々、ロックの写真を撮る人には共通の葛藤があるのかな?と思ってまして、簡単に言うと「記録」なのか「作品」なのか、ということです。
雑誌なんかでも誰が写っているか、が重要なわけで、それを誰が撮っているのか?というのはあまり気にされないと思っています。
だから、作家性を求めるフォトグラファーはそこで葛藤するのではないか?と思います。昨今はみなスマートフォンでライブを撮ったりするようになりました。記録としてはそれでいいし、皆がインスタグラムに上げているライブ写真を見たりしていると、ハッとするほど素晴らしいシャッターチャンスや構図を持ったものもあります。それで充分とも言えます。
それを偶然ではなく意図的にできるのがフォトグラファーなんだ、と言うこともできるでしょうが、僕はあまり気にしていません。なるべく邪魔にならないようにやりますので僕にも撮らせてくれればありがたいです。
ということも踏まえつつ、スマートフォンが無い時代に撮ったのもまあまああるので、それらは記録としても意味を持つのかなぁ、などとも考えています。
僕個人の意見としては、観たみんなが楽しんでもらえればそれでいいかなと思ってまして、自分の作家性なんかはそのずっと下にあります。表現というよりかは、自分が見ても気持ちいいように仕上げたい(構図とか、コントラストの感じとかに自分なりの好みがありまして)と思うだけです。それが冒頭に書いた、まだやりようがあるということころに繋がるわけですが。

繝帙z繧ケ繝医き繝シ繝医y蛟呵」彌15


そもそもなんでこんなことやってるんだ?というと、僕は1988年?20歳のころに、いまはもう無いんですが、DOLLというパンク雑誌で写真を撮るというチャンスにありつけました。それまではライブの写真はほとんど撮っていなくて、募集があったときにはその頃普段撮っていたストリート・スナップを何枚か送ったわけです。パンクが好きだったし、なんかやれたらいいな、と思ったからです。バンドの写真を送らなかったのが良かったのかどうかわわかりませんが、やってくれませんか?ということになって、DOLLにてライブ写真を撮り始めました。DOLLは僕にとっては学校のようなものでしたし、ライターも編集者もちょっと年上なだけでみんな20代だったしみんな優しかった。ここでは、「パンク」という大きな括りの中でも多様性があるんだな、という今思えば当たりまえのことなんですが、ライブやインタビューを通してそれを学べましたし、いままで読者として、またはレコードを通してしか知らなかった人を撮るわけですから、一気にプロになったような気もしましたが、現実にはそんなことなく、働きながら写真を撮っていました(これは今もそうです)。

繝帙z繧ケ繝医き繝シ繝医y蛟呵」彌3


そこで知り合った東京スカンクスというバンドがいまして、そのメンバーのミヨさん、チャーリーさんという2人がDOLLのレイアウトをやっていたという繋がりで、東京スカンクスの写真を撮りにライブにいくようになるんですが、そこで一つのバンドをずっと追う、というのと、その周辺に居るバンドも含めた、いわゆる「シーン」というものがあるという面白さを知るわけです。そのシーンはサイコビリーや、のちにラスティックと言われるものでした。

同時に僕はディスクユニオンでバイトをしてまして、そこの仲間でイベントをやったり、イベントを通じてそこで色んな人と知り合ったりしたりしました。そこで自分でなんでもやっていくという、いわゆるDIY的な心が芽生えていたのかもしれません。
僕自身はいわゆる洋楽を中心に聴いていましたが、90年代初頭にガレージ・パンクが日本も含めて世界的に盛り上がってきているというのを感じていました。要は、店員という立場を利用してどんどんオーダーしたりして、そして入ってくるのをチェックがてら聴きまくっていたわけです。

tgtg_4.jpg

前置きが長くなりましたが、そういった日常の中で、この写真展でも主軸にしているTEENGENERATEというバンドに出会うわけです。この出会いは本当に大きかった。このバンドは「自分でもなんかできるんじゃないか」「自分もなにかやるべきなんだ」と人をカン違いさせる、パンク・ロックの伝播力と同等のものがあったと自分では思っています。芽生え始めていたDIY心を後押しするには充分でした。そうやってカン違いしたままここまで来てしまったわけですが、、、とにかく、このバンドの存在が自分にとっては大きかったし、その後のFIRESTARTER、TWEEZERS、RAYDIOSなどの派生バンドも含めて自分の核にあると言えます。

彼らには自分からコンタクトをとりました。ファンジンを作るんだ、と言って。まあ、作ったんだけど、いま見たらどうかな。素人感満載だな。
とにかく、そこからDOLLのカメラマンという自分とはまた別の写真への興味が湧いたわけです。先に書いた、シーンを含めた面白さ、みたいな部分が大きくなっていきました。
そこでいろんなバンドや、レーベルをやっている人、企画をやっている人などと知り合っていき、自分もライターをやったり、レーベルをやったり、海外のバンドを招聘したりもするようになりました。今回主催者のBASE飯島氏もそういう状況の中で知り合った1人です。

僕の場合、やはりというか、なんというか、「音楽ありき」でして、もちろん写真も興味を持って取り組んでいるんですが、今回振り返ってみると、重要だといえるライブの写真を、その場に居たにもかかわらずあまり撮ってなかったり、同じ日のライブでもその中の一部のバンドしか撮ってなかったりしていたりして、まあフィルム代とか現像代とかをケチっていたというのもあるけど、ある意味「自由」だったんだな、と。雑誌の依頼などで撮る場合はきちんといいものを出さないとヤバいぞ、というのがあるけど、仕事でやってない部分だと、ライブ観るのが楽しくなっちゃって途中から撮ってなかったりとかしょっちゅうあったし、海外バンドのツアーなんかは機材持ってアテンドも、とか無理だったんで撮ってない、ということもあったり。良い方に解釈するならば、そんな中でこうして撮って残っているというのはそれなりに強い意志があって撮ったものなのではないか。とも思います。今年で50歳になるから、約30年やっているわけですが、これが職業になったらいいな、とかはあまり思いません(報酬もらえるならもらいますが!)なので、こういった者に機会を与えてくれた飯嶋氏には感謝してます。
とにかく、展示したものを見て楽しんでもらえればと思います。
スポンサーサイト
BEAT CARAVAN 1stアルバム
beatcaravan_記事用

BEAT CARAVANの1stフル・アルバムがリリースされたよ。
bc0415_1-300x297[1]
BEAT CARAVAN / ON PARADE
POWER ELEPHANT
POW-06

ビート・キャラバンとの出会いは、いつだったか忘れてしまったけど90年代終わり?頃、たぶんモア・ファンのハラさんに
紹介してもらって、そのときにテープをもらったのだと思う。
そのテープには、後に1stシングルに入るような曲が入っていたと記憶している。

ご存知のように(ご存知、ですよね、、、)セカンドにあたる前作は我がTarget Earthからリリースしています。
アズミくんをエンジニアに、アナログ感のある音を目指した。個人的には大傑作だと思ってます。
それが2004年だったので、もうけっこうな時間が経ってしまったけど、
その間、カジュアルズのサポートやレーベルの3バンドでツアーしたりと印象深い出来事はいくつかあった。
が、結果的には僕の力不足でなかなかビート・キャラバンの魅力を広く伝えることができなかった。

そして、ようやくフル・アルバムが完成したね。今回は矢田くんのPower Elephantから。
これでビート・キャラバンの魅力が広く伝わればいいと本気で願っている。

前回と大きく違う点としてはBobの加入だろう。彼も加入してからずいぶん経っているので
いまさらという感もあるが、
こうして聴いてみると、彼のソングライター、ギタリストとしての功績は大きいのではないかなと思える。

(つづく、かも)



BEAT CARAVANmyspace

クッキーシーン休刊
今月のクッキーシーンにて編集長伊藤さんが書いているとおり、
今年いっぱいでクッキーシーンは休刊となります。
なので、僕の連載もあと1回で一旦終了というわけです。

しかしながら、よくある休刊=実質的な廃刊というわけではなく、
ひとまずウェブに移行しつつ、3月くらいまではウェブに集中しつつ、
初夏には季刊、もしくは隔月刊の形で復活させる計画ということだ。
そのとき僕が関わるかどうかはわからないけど、
前向きな計画があるということは、まだまだヤルゾ、という意思は感じますよね。

じつは前月末に伊藤さんと呑む機会があり、そのときにこの話を聞いた。
理由としてはいろいろあるんだけど、ここでは言わない。

紙面で伊藤さんが書いているのをまとめると
資本主義的にイケイケで前進してみたらどうなるのか?という試みで月刊化したが
それが合わなかったので、イケイケ度を減らし、
よりインディー=修正資本主義的な元来の姿に立ち返りたいということだ。
ぼくはこの伊藤さんのいうニュアンスのインディーはなんとなく理解しているつもり。
最近はインディーの人たちがやたらビジネス・マインドを前面に押し出しすぎているように感じるし、
僕も売り方の相談などもよく受けるわけだが、
あんまりよくないと思うし、そもそも僕自身ビジネス的になんら成功を収めていないので
相談されてもなぁ、っていうのもある(苦笑)

音楽雑誌が消えていく、というのは
読者が望むような内容とビジネスの均衡が取れないものが淘汰されると
思えばあたりまえなのかもしれない。
読む価値がないから買わないってのはあたりまえだからね。
ただ、立ち読みでぱらぱらって眺める程度になってしまったような人が
音楽雑誌はつまらん、とかああだこうだネットなどで言っているということがそれを加速させたという
ことも言えるのではないかな、とは思う。
買わないなら意見を言うなというのではなく、対価を払ってないのなら、それなりの意見の言い方もあるかな、とは思うわけです。
まあ、そのように音楽雑誌はもうダメだ、つまらん、と言っているひとがそれに代わるものをネット上でもいいからやってくれればそれでいんですけどね。

たとえば、このようなブログとかは個人の感想や意見を書くにはいいかもしれないけど、
雑誌のようにいくつもインタビューを載せるとかなるとなかなか大変じゃないかな、とも思う。
知名度に低いインディー・バンドだったら気さくに取材に応じてくれるのかもしれないけど、
それさえもやっている人はそんなにいないよね。実際問題として。
取材する側も受ける側もそんなに積極的になれない、というのが現実なんじゃないかな、とは思う。
僕もそうなったらあんまりやらないかもな。
やるにしてもファンジンとかでやりたいなぁ、と思ったりもするし。

とにかく、断続的ではあるし、途中からページ数が減ったりとか、最終的には半ページになったけど、10年以上連載してきたっていうのはけっこうな量だな、と思う。
復活時に再開てきるといいけどね。
とりあえず、あと1回よろしく。これから書くんだけどね。


とるじゆう
toru.jpg
写真を始めたころ、エルスケンなんかに影響されてスナップ写真を撮るのが好きだった。
街のひとたちを撮っていく行為だ。
街の人たちと仲良くなってその過程で撮っていく方法もあるけど、
本人が意識していない方が面白かったりもする。

いまはなんとなくそんなことはできない空気になっている。
一部、梅佳代さんなど、スナップの名手がいるが、
写真家本人のキャラクターによる部分も大きいのではないかな。
僕なんかが似たようなことをやったら即通報だろう(笑)
木村伊兵衛のような時代ではないんだよね、残念ながら。

いまはケータイやデジカメといった手軽なカメラがあり、
そして公表もネットを使えば簡単、そして広範囲にできる。
これが逆に撮られる側の警戒を強めている。
簡単になったゆえに不安も多いというわけだ。

バンド関係でいえば
最近ではライブでもケータイやデジカメで写真を撮っているひとも多いし
ビデオを回している人も多い。
その殆どは無断だろうし、バンド側もとやかく言わないのが殆ど。
いわゆるプロのバンドの方々は入口でチェックなどあるでしょうが、
ウチら界隈ではほとんどない。

僕なんかは自由にやったらいいじゃん、と思うし、良く出来た!と思うものは
わりと公表してしまう方だけど、
バンドによっては公表されたら嫌だーって思うバンド、人もいるだろね。
youtubeに自分では不出来だと思っていたライブを上げられていたという人もいた。
それを、そういうライブをやったのだからしょうがないだろ、というかどうか?

それで、こんな本も読んでみたんだけど。
丹野章っていう写真家の書いた「撮る自由」という本。

まあ、法律的なことをいえば、肖像権とプライベートというところに
関わって来るんだろうけど、まだグレーな部分が多いということ。
商用として使用するか?というのがひとつのカギなのかな。

全体的には撮る側の立場で書いた本だといえるだろうね。
撮る自由と、それを公表するということは分けて考えた方がいい
とこの人は言っている。

法律的にオーケーだからオーケーってわけじゃなくて、
僕はバンドとの信頼関係とかも必要だと思うんですよね。
中には一度しか会わないようなバンドや人もいるわけですが、
本人も唸るようないい写真やビデオだったらいいんじゃないかな
と漠然と考えてはいる。

まだまだ考える余地はあるとは思いますけど。

僕はよく、撮ったの見せてちょうだい、って言われたりもするので、
自前で撮ってるひとたちはバンドにあげるっていうのもいいと思います。

ジム・キャロルの写真
jim.jpg
ファースト・アルバムのジャケにも使われてる写真。
レコードでは着色されてるけど、これがもと。
アニー・リーボヴィッツの写真集より。
アニー・リーボヴィッツはローリング・ストーンで長く撮ってたひとで、
徐々に演出した写真を撮るようになるんだけど、
こういう写真もいいんだよね。
これはジム・キャロルと両親を撮った写真。何気ないかんじもするけど
こういう写真って実はなかなか撮れないんですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。