FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Instant Banquet HIDDEN VOLUME comp.
a1664120336_16.jpg


アメリカ東部、ボルチモアのガレージ・レーベル、HIDDEN VOLUMEのこれまでのリリースから厳選した楽曲を20曲収録したコンピレーション。
このコンピにはすでにソールド・アウトとなってしまったシングル曲なども多く含まれていて、レーベル・サンプラーであるながらもレア・コレクションの側面も持ち合わせている。

現在のシーンにおいては破壊的なトラッシュ・ガレージのGONER、すこしチープでインディ・ポップ寄りでもあるBURGERなど特徴のあるガレージ・レーベルが勢いを持っているが、このHIDDEN VOLUMEは2014年に元HATE BOMBSのSCOTT SUGIUCHIが立ち上げ、彼の審美眼に適ったガレージ・バンドを多数リリース。その特徴を一言で言うならば「楽曲」への回帰だろう。サイケデリック、フォーク・ロック、パワーポップと「ガレージ・パンク」の解釈を拡げているが、そこには楽曲の良さへのこだわりを感じることができる。その様子はさながらGreg Shawが80年代に運営していたVOXXレーベルの現代版のようである。加えて、それらは優れたジャケ・デザインのセンスも手伝って、コレクタブルなアイテムとなっている。

このコンピで特別目を引くのが日本のバンドの存在である。ヨーロッパ・ツアーや多数のリリースで知られる大分の正統派ガレージ/サイケデリック・バンドTHE ROUTES、同じくヨーロッパ・ツアーでも注目された北海道のプリミティヴ・トラッシュ・ガレージSWAMPS、西海岸のバーガー・ブーガルー・フェスや数々の海外ツアーでいまや東京ガレージの中心的バンドの一つとなっているTHE FADEAWAYS、そして世界的に見ても珍しく人気上昇中のピュア・パワーポップのGORILLA*の4バンドである。

海外のバンド勢も2010年代のシーンを支えてきた精鋭たちであるが、敢えてひとつ挙げるとしたら、2018年2月に来日ツアーが決まっているシカゴのTHE SAFESであろう。HIDDEN VOLUMEからのものを含め、3枚のアルバムをリリースしている。スウィートでフォーク・ロックの風味があるポップなガレージを聴かせるバンドだ。
とにかく、素晴らしい曲を作るバンドたちをリリースしている素晴らしきレーベルHIDDEN VOLUMEを知るのに最適な一枚と言えるだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。