FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画GET ACTION! 完成
poster.jpg

去年から今年にかけて取り組んできた映画「GET ACTION!」が完成しましたのでお知らせします。

以下プレス・リリースより

新作映画完成&公開決定!!のご案内

結成20周年! 日本ロック史上、唯一無二のバンド“TEENGENERATE”!
待望のドキュメンタリー映画 「GET ACTION!!」 ついに完成&公開決定!

2014年3月、新宿シネマカリテにて限定レイトショー決定!!

ワカリマスカ? R&R!!

今から20年前。世の中はバブル崩壊、インターネット前夜、日本の音楽業界ではロックを喰い物にするバンドブームがようやく終焉…。そんな時代にわずか3年に満たない活動期間にもかかわらず、凄絶な足跡を残したバンドがこの国にいた。年間80本にも及ぶ欧米ツアー、下北沢シェルターを中心とした国内での勢力的なライブ、3年間で実に70曲を超えた音源制作、そしてアメリカ、カナダ、フランス、ベルギー、ドイツ、スペイン、オーストラリアなど海外レーベルからリリースされたおびただしい数のシングルとアルバム―。R&Rをあくまで"今"のものとして独自に再構築し無駄を徹底的に削ぎ落とした約90秒のプリミティブR&Rを速射砲のごとく連発した、日本ロック史に類をみないバンド、それがTEENGENERATE(ティーンジェネレイト)だ。

当時、彼等の既成概念やシステムにとらわれることのない活動は、世界中の仲間たちと共鳴しながら大きなうねりを生み出した。しかし日本の音楽メディアはごく一部を除いて彼等を黙殺、一方海外で彼等は少年たちの人生を変えるほどのスーパーヒーローとなっていた。あの時代、一体何が起きていたのか?メンバーや当時の関係者、総勢40人に上る貴重な証言によって彼等の短くも太すぎる足跡を辿るのが本作『GET ACTION!!』である。

監督は日本で最も多くのロック映画を上映しつつも2012年に閉館となった映画館、シアターN渋谷の元支配人、近藤順也。TEENGENERATEとそのシーンをリアルタイムで経験し、「あの時代の圧倒的な熱量を何とかして記録したい」という情熱で、鮮烈な監督デビューを飾ることとなった。また撮影・編集をボアダムスの『77BOADRUM』(08)、ブラッドサースティ・ブッチャーズの『kocorono』(11)など数多くのロック映画を手掛けてきた鬼才川口潤が担当、その経験と技術をいかんなく発揮し監督をバックアップしている。被写体の宣伝のために作られるロック映画が蔓延する中、本当にカッコいい音楽を知ってもらいたいというピュアな衝動に満ちているこの『GET ACTION!!』。


【CAST】TEENGENERATE(Fink、Fifi、Sammy、Suck、Shoe、Greg)、蕨祥裕(Wallabies)、関口弘、Daddy-O-Nov、那須太一(Back From The Grave)、セイジ(Guitar Wolf)、TOMOKO(Supersnazz)、Ronnie Yoshiko Fujiyama(the 5.6.7.8's)、平野実生(Shelter(当時))、Rockin'Jelly Bean(Jackie & The Cedrics)、Enocky(Jackie & The Cedrics)、四宮桂、オノチン(Jet Boys)、大槻洋(smallspeaker/ex.Registrators)、IWATA(The Strummers)、TAYLOW(the原爆オナニーズ)、中上マサオ(Target Earth)、飯嶋俊男(Mangrove/Base/ コード)、水沢そら(The Gimmies)、HIROYASU(P.C.2 aka Paychannel)、笠井裕文(Thee Bossmen)、Ken Stringfellow(The Posies)、Norman Blake(Teenage Fanclub)、Jack Tieleman(Lance Rock)、Bruce Milne(Au-Go-Go)、Andy Gortler(Devil Dogs)、Eric Davidson (NEW BOMB TURKS)、Tim Warren(Crypt)、Deniz Tek(Radio Birdman)、Mike Lucas(The Phantom Surfers)、Greg Lowery(The Rip Offs)、Steve Borchardt(COZY) 他

【STAFF】監督:近藤順也/撮影・編集:川口潤(『77BOADRUM』、『kocorono』)/製作:日本出版販売+キングレコード/制作:アイランドフィルムズ/制作協力:TARGET EARTH、MANGROVE LABEL/2014年/カラー/ビスタ/99分/公式HP www.get-action.net/c 2014 NIPPAN、KING RECORDS. All Rights Reserved.
配給・宣伝:日本出版販売


そして、公開記念でライブ・イベントも決定しました!

■映画「GET ACTION!!」公開記念2マンLIVE!
2/23(日) 下北沢SHELTER
出演:FIRESTARTER/THE RAYDIOS
OPEN 18:30/START 19:00
前売¥2,000-/当日¥2,300-(共にドリンク別)

※チケットはe+ 12月20日発売
下北沢ぷあかう、高円寺BASE、SHELTERで 12月23日から販売!


映画オフィシャルページ
www.get-action.net
彼らの2nd.アルバム“SAVAGE”のジャケットも手掛け、今や世界をまたにかけて活躍する覆面画家Rockin'Jelly Beanが本作のメインビジュアルを描き下ろし!
ステージでの躍動感を見事なまでに表現している!
スポンサーサイト
BLOODIED BUT UNBOWED

映画"Bloodied But Unbowed"
カナダ・ヴァンクーバー パンク・ドキュメンタリー
'77-'83
2012/9/1(土)~ 渋谷シアターNにてレイトショー

詳しくは特設サイトにて。

音楽ドキュメンタリーももう飽和と思いきや、かなり濃い作品が出てきたね。
僕自身は、トークショウの司会をやるというのもあり、一足先に観せてもらったのですが、
当時の状況が良くわかる作品です。
個人的にはYoung canadiansの立ち位置みたいなところが興味深かった。
あと、パンクとアートの関係性とか。
観てもらえればわかるし、観てない人にとってはネタばれになるので、
内容についてはこれ以上深く書きませんが、

僕としては、Record Shop Baseがこの作品を配給した、ということが重要だと思ってる。
いちレコード屋が、熱をもって、一本の映画を日本に紹介する、ということ。
かつて、D.O.A.やModernettes、Pointed Sticksの招聘もし、かの地のパンク・シーンに思い入れの
深いBASE飯嶋くんだからこそできたともいえる。
じつは、ことしの春頃に飯嶋くんからこの映画の日本公開の構想を聞かせてもらったことがある。
DVDで発売する、ということだけでなく、スクリーン上映したいのだ、ということ。
現実的にはどうやったらいいのか、というのを一個一個つぶしつつ、ここまでこぎつけたというのは
ほんとに凄いな、と思うね。

いずれDVDでも出るかもしれないけど、行ける地域に住んでいる人はぜひ観にいって欲しい。
これは、ヴァンクーバーの貴重なドキュメントであり、またBASEの思い入れと奔走の結実でもある。

9/2(日)の上映前に
僕が司会をして監督のスーザン・タバタさんへインタビューをします。
都合つく方はぜひ。

※日本盤DVDの発売は、いまのところ予定していないそうです。
名前の由来
target.jpg
名前の由来はこれです。
昨年、安価なDVD日本版が出ていたようで、買ってみました。
昔ビデオで持ってたのだけど、どっか言っちゃったので、、、
書店とかで売ってるたぐいのDVDだと思います。
ロボット大襲来って邦題が付いていますが、ロボットは凄いって言えば凄い。
SFXというよりも心理的な演出によるSFといった方がいいでしょう。
低予算ゆえ、というのもあるでしょうが。
興味ある人は探してみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。