FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ROCKBOTTOM / LIVE AT SHELTERのリリースに際して
bottom_live.jpg

(フリー・ペーパー depOn に書いたものを少し加筆修正してあります)

バンドをやっている人たちの間でたまに聞かれる言葉として「いい曲(いいバンド)をやっていれば、評価は必ずあとからついてくる」 というのがある。それはほぼ正しい。ただ、それがいつになるのか? というのが問題なわけで、バンドが解散してから、もしくは自分が死んでから評価される、なんてことも充分にあることだ。僕や友人たちはそのような、まだ評価されていない良い曲、良いバンドを発掘するという行為が好きであるし、その不遇なストーリーに想いを馳せたりもする。しかしながら、いま活動している多くのバンドは、その活動時に評価されたいと思っているはずだし、そうでなければいけないだろう。だから、それぞれが良いバンドであり、良い曲であるということを知らしめるためにもがくわけだ。

我々(ターゲットアースとロックボトム)も何年にも渡ってもがいてきているわけで、こういった文を書くということもそのもがきのひとつと言えるかもしれない。しかしながら、ただ宣伝をすればいいというわけではない。自分たちに相応しい活動をしているか?ロックンロールとは?パワーポップとは?という自問、議論などが常にあるべきで、さらに、突き詰めるならば冒頭に書いたように、まず「いい曲」が在る、ということに主眼を置くべきであるのは間違いなく、それなくしてはそもそも知らしめるもなにもないわけだ。

ロックボトムは2011年にリリースしたアルバム"Revenge"にフレイミン・グルーヴィーズのカヴァー"Shake Some Action"を入れた。いまどき誰もやらないようなベタなカヴァーであるが、こうじがよく言うように「世界で一番美しい曲」という表現は極端かもしれないけど、我々はロックの歴史の中でも最高の曲の一つだと信じている。
そして不思議とこの曲がこのところのバンドの方向性を導いてくれたとも言える。ポンといれたカヴァー曲が結果的には不思議とアルバム全体の雰囲気を作るのに重要な位置をしめていた。そして、様々な人たちに、このバンドがどのような音楽性、態度を持ったバンドなのか、一発で理解してもらえることが多くなった。

2013年4月、ロックボトムはこの曲のオリジネイターであるフレイミン・グルーヴィーズのオープニング・アクトをやるという機会を得た。これもこの曲が導いてくれたことの一つかもしれない。間近に接したグルーヴィーズの生身の存在は我々にレコード以上の多くの示唆を与えた。そして、いままでの行動は間違っていなかったな、という確信も。

我々はここにロックボトムのライブ盤をリリースする。 2011年"Revenge"ツアーのファイナルとして下北沢シェルターで行ったワンマンを録音したものだ。演奏は粗い部分もあるが、全部ひっくり返してやるんだという気概はそれを凌駕した。
このアルバムが、冒頭に書いた「良い曲をやる良いバンド」という当たり前のことが当たり前で無くなって来ているこの心なき世界に一石を投じるものになって欲しいと願う。

2013年5月 Target Earth Records 中上マサオ
スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ROCKBOTTOM レコ発
bottom_flyer.jpg

6/2にロックボトムのレコ発ライブがジャムで行われた。

"LIVE AT SHELTER"のレコ発をジャムでやるというのもどうかと思うが、
大盛況で、ありがとうございました。
ジャムもよく許してくれたなー。心の広いライブハウスだ。
CDも、売れたと思います!

バンドはBOYS ORDER, THREE MINUTE MOVIE, TRIO, THE GIMMIES, ROCKBOTTOMね
ぼくらにとっては長いこと付き合いのある気心の知れた仲間といったかんじのラインナップとなった。

しかし、僕はいろいろあって遅れて行きましたので、ほとんど観れてません!
最近、ロックボトムとの企画は、このような形で遅れてしまうことが多いが、
その辺、メンバーも理解してくれていて、進行してくれているので、ありがたい。
DJも、最後の最後の終わってから、をやらせてもらった。
幸い好評だったようで、よかったです。

ここ数年、レコ発、っていうものの意味合いも変わってきたな、と思う。
レコ発っていうのはレコード・リリースのパーティーであり、最大のプロモーションではある
(われわれレベルの活動においては、だけど)
しかしながら、レコ発だけでCDが売れてあとはパッタリ、というのも困ったもんだし
でも、そういうフックでもないと集客もできない?っていうのもあるし
かといって、レコ発だけがドーンと集客あるのもそれはそれでなんかさびしいもんがあるじゃないか
普段のをちゃんとやってればいいんだよ、なんて
まあ、いろんな考えがグルグル回りつつやるわけです。
それであっても、BOYS ORDER, THREE MINUTE MOVIE, TRIO, THE GIMMIESっていうバンドを呼んで
ライブをやるっていうのは最高なことだし、やった方がいいし、やってよかったと思えました。

ロックボトムのライブを観ながら考えたことは、、、
このライブの場において(ふだんの生活はまた別だろう)、
大事なのはまず音楽だし、その次に音楽を通じてできた仲間だということ。
僕の場合、音楽でできた仲間は年齢も職業も性別もまちまちだが、ひじょうに強いつながりを感じるし
大事なものだ。
これは、先日の吉村秀樹会に行ったときも思ったこと。
こういうことを言葉にして言うのはなかなか恥ずかしいが、自分においては事実だな。

ロックボトムもターゲットアースもまだまだ転がりますのでよろしくお願いします。

今回、写真なし!

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ROCKBOTTOMのインストア
ケンのツアーが終わってから、まもなく、その週の水曜に
ロックボトムは下北沢のユニオンでイン・ストア・ライブを行った。
わがレーベルからのリリース"Live At Shelter"リリース・プロモーションの一環ね。
店長の竹野くんは旧知の仲ではあるので、いろいろとやりやすかったです。ありがとう。
この店でインストアをやる場合は、ほんとうに店の什器を移動してやるかんじなので
基本営業時間後であるのと、上のテナントに学習塾があるので、
音量などにも気をつかわなければいけないんだけど、まあ、やれること自体ありがたいわけです。
お店では平台で展開してくれてたり。今の時代、平台展開なんていうのは協賛費を払って
やってもらうのがわりと普通なんですが、
中には、こうやって心意気のあるお店が自主的に展開してくれてたりするわけです。

お客さんもいっぱいきてくれてよかったです。
前回、3rdリリース時もここでイン・ストアをやったんですが、そのときは、ちょうどマフスが
シェルターであって、そのお客さんも流れでけっこう来てくれたということがあって、
今回はそのような底上げ要素がなかったので、どうなるかと心配していたんですが、
思いのほかたくさん来てくれて、盛り上がりました。
rb_s.jpg


今回は、初めてのアコースティック・ギターを使ったセットで、
選曲もそれにあわせたかんじのものが多かったかな。
中に一曲、バッド・フィンガーのカヴァーもあったね。

われわれとしては、ケンのツアーの、上がった気持ちのまま出来たかんじがしたし、
PAをやってくれた店員さんの腕がよく、音もクリアですごくいいライブになったと思う。
終了後、ぷあかうにて呑み。楽しい夜だった。

rb_s2.jpg

みんな、ライブ盤 買ってくださいね!

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ROCKBOTTOM アルバム・リリース、インストア・ライブ
11/2、ロックボトムのアルバム"REVENGE"がリリースされた。
同日、下北沢のディスクユニオンにてイン・ストア・ライブを行った。
たまたまその日はシェルターではMUFFSのライブがあり、シェルターから出てきた
お客さんを呼び込んだりしつつ、21:00すぎからライブを始めた。
ユニオンの小林くんによると、彼の知る限りではかなり多い集客だったということだ。知り合いもけっこういたが、それだけではない、というのが自分の印象。いままで観たことの無い人にも観てもらえたと思うと、無料でのインストア、また、MUFFSとの被りということも意味がすごくあったと思う。
実際、当日ユニオンで用意していた分は売り切れてしまったとのことで、嬉しいスタートとなった。

ライブは正味30分くらいだったが、最近の彼らの熱量を凝縮したような良いライブだったとおもう。
個人的には3月以降彼らとああでもない、こうでもないと議論を重ねながら進めてきたアルバムが、形になった瞬間でもあり、いろんなことを思い出しつつ彼らの演奏を観ていた。
このアルバムのリリースを決めたこと自体が、3.11以降、日本にいろんなことが起こり、音楽を取り巻く空気も大きく変わってからのことである。詳しくはここでは書かないが、そんな空気の中で、音楽をやるのか、どうするのか、というそもそものことも含めて、アルバムをどうするか?という自問もあり、バンドと話合っていく中で、それでもやる、と決めた。
なので、他の人が聴いてどう思うかは判らないが、自分としては2011年の気持ちが入っているアルバムだと言える。



彼らは11月からいままでにない範囲でのツアーを組んでいる。
すでに1回目の浜松は盛況に終わったようだ。
近くに来た際はぜひ観に行って欲しい。

以下スケジュール。
東京では26日にレコ発をジャムでやります。

東京
【3rdアルバム『REVENGE』発売記念 東京ライブ】
11/26(土)@レコ発@東京 新宿JAM

前売2000yen 当日2500yen

rockbottom
the thunderroads
stairs
zymotics
rangsteen
three minute movie
car crash

- - -

大阪
【REVENGE TOUR ROCKBOTTOM 3rd アルバム“REVENGE”発売記念 大阪ライブ】
12/17(土)@大阪 PANGEA

前売1800円 当日2300円
ぴあPコード:152-075
ローソンLコード:52551
e+

開場18時 開演18時30分

ROCKBOTTOM
FRANTIC STUFFS
THE THUNDERROADS
BOYS ORDER
THE TELEPATHYS

前売りは各プレイガイド(ぴあ、ローソン、e+!など)でお求めいただけます。
INFO:wearerockbottom@gmail.com

- - -

福岡
【REVENGE TOUR ROCKBOTTOM 3rd アルバム“REVENGE”発売記念 福岡ライブ】
『JUMPIN' IN THE NIGHT Vol.9』
12/23(金)@SELECTA
(旧decadent DELUXE)

チケット:2,000円 + 1drink
開場19時30分 開演20時

ROCKBOTTOM
ZERO(小倉)
La-La Lee's
5SPEED
and more

[info]
090-7161-0352(平島)
e-mail:ljhs@hotmail.com

- - -

東京
12/25(日)@東京 中野MOON STEP

ROCKBOTTOM
the GIMMIES
ボロキチ
Black and White
ROCKET

- - -

2012

新潟
【REVENGE TOUR ROCKBOTTOM 3rd アルバム“REVENGE”発売記念 新潟ライブ】
『SHAKE SOME ACTION!#44』 
1/8(日)@新潟 Live Spot WOODY

開場/開演:18:00/18:00
前売2,000円当日2,300円 (ドリンク別300円)

ROCKBOTTOM
Extention 58
the Thunderroads
the Hills
SOUNDS GOOD

- - -

東京
「SUZY & LOS QUATTRO JAPAN TOUR 2012」
1/13(金)東京 中野MOONSTEP
http://www.wall-moonstep.com/moon/top.html

open18:30/start19:00 ticket adv2500/door2800

SUZY & LOS QUATTRO(From Spain)
ROCKBOTTOM
DiSGUSTEENS
ONEPERCENTRES
NANOX

- - -

水戸
【REVENGE TOUR ROCKBOTTOM 3rd アルバム“REVENGE”発売記念 水戸ライブ】
1/14(土) 水戸 90 east

※時間・チケット代については後ほどホームページにて発表いたします。

Rockbottom
The Dials
The Selectionz
Rod
and more....

- - -

札幌
The Choosers and 3rd Generation presents
【The Rock Show Vol. 5】
1/21(土)@北海道 札幌Hall Spiritual Lounge

開場18:00 開始18:30
前売り1500yen 当日2000yen

ROCKBOTTOM
The Choosers
3rd Generation
THE THANKS
The Lumdees
DAISY

ALL INFO
http://t.co/EFXPgXE でお願いします!

- - -

東京
ワンマンライブ!
【REVENGE TOUR ROCKBOTTOM 3rd アルバム“REVENGE”発売記念 ツアーファイナル】
2/4(土)@東京 下北沢SHELTER

開場19:00 開演19:45
※料金等の詳細については後ほどホームページで発表いたします。

ROCKBOTTOM


---------------------------------------------------------------------
info.

【ホームページ】
rockbottom@mcn.ne.jp

【メール】
wearerockbottom@gmail.com

ツアーに関する前売りや問い合わせについては上記のメールアドレスでも受け付けております。

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ROCKBOTTOM 3rd "Revenge" 完成
te024cd_jacket_2.jpg

ROCKBOTTOMの3rd "REVENGE"が完成しました。
発売は11/2になります。
上の画像がジャケとなります。

震災後、4月あたりから何度もミーティングして、前倒しで進めようと思いつつも
結局はもろもろギリギリな進行になったな。
サウンド面では尾崎(Samantha's Favourite, Blockbusters他)の大きな協力があり、
また、デザインなどは高梨暢夫くんの協力によって
強力なものが出来上がりました。

今回は、完全に発売日まで決めてから逆算していこう、というスタイルでとりかかった。
まあ、メジャーなどではあたりまえではあるんだけど、
われわれの場合、ある程度録音やアートワークなどの目処が立ってから発売日を決めることが多いし、
海外でアナログをプレスする場合などは出来てから決める場合もある。
まずは締め切りをつくるとクオリティが甘いままリリースとなることもあるし
プレスが間に合わないなどの場合もあるから。
では、なぜRockbottomの場合、締め切りを設定したのか?
それはキリがないからだ、、、。
このアルバムのまえに彼らは自主でシングルを出しているのだけど、その2曲のミックスに関して
数年かかってしまっていた(笑)
僕は、何年も待てないぞ、ということで出すといったら出します、ということで期日を設けて
やってもらったわけだ。
結果的にはすこしズレはあったが、彼らも仕事などやりくりして時間を作り、なんとか出来た。
もうプレスに回っているので、あとは宣伝などできることをやり、このアルバムを広めることだ。

明日以降、このテーマでまだ少し続きます。

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。