FC2ブログ
Target Earth Blog
日々の泡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンディ・シャーノフ
[アンディ・シャーノフ]の続きを読む
スポンサーサイト
THE REDUCERS / last tracks & lost songs
lasttracks.jpg

THE REDUCERSのSTEVE KAIKAが2012年の6月に癌で亡くなって、もう2年半くらい経った。
僕は、STEVEの治療のためにベネフィット・ライブをやったり、トリビュート・アルバムの日本部分に関しての手配などいろいろやったが、残念ながら彼は返ることはなかった。悔しくて、自分のやったことは本当に良かったのだろうか、と考え直すことも何度かあったが、僕だけでなく、周りの友人たちが賛同し、STEVEのことを想い大勢手伝ってくれたのであるし、REDUCERS本人たちからの感謝の言葉を受け取り、まるってきり意味がないということではないのだ、と思うようになった。クサいことを言うが、僕らは友達なんだ。国、年齢など関係なく。友達が困ってたら助けるのは当たり前だ。

残された3人は、メンバーを補充してTHE REDUCERSを継続するという選択をせず、その名を封印したうえでTHE 3-PACKというバンド名のもと、新たに活動を始めたのであるが、THE REDUCERSのけじめとしてSTEVE存命時に残した録音を集めて最後のアルバムを完成させた。それがこのlast tracks & lost songsだ。

古くは1989年のスタジオ・リハーサル音源に始まり、2003~2006、2011~2013に録音された音源で構成されている。
さまざまな時期の演奏を集めているにも関わらず、通して聴いてもバラバラ感はなく、REDUCERSの新作なんだ、と言われても納得してしまう。別の言い方をすれば、THE REDUCERSはその音楽性を大きく変えたことはなく、ある意味愚直とも言えるほどのパブ・ロッキンなサウンドを奏でている。

我々日本人にとって一番のトピックは、やはり"TOKYO BAY"であろう。2004年の来日公演は彼らにとって唯一の海外ツアーであり、その後の活動に大きな影響を与えたと本人たちも語る印象的な出来事であったようで、帰国後、その情景を曲にしたのがこの"TOKYO BAY"というわけ。FIRESTARTERのメンバーやシンタロウ、マサ17なども歌詞に盛り込まれていて、あのときの興奮を思い出すことができる。そう、THE REDUCERSはUSのバンドでありながら、ルーツはロンドンのパブロック体験にあり、その後のUKパンクも含めてシンタロウ、マサ17とも気が合ったようだった。


THE REDUCERSはそのキャリアを通じて、自らの身の丈を認識していたかのようなバンドである。この4人でロックすることがベストで、それ以外の要素は必要ではない、と感じられた。80年代半ばには"Let's Go"がEpicのUnsignedというコンピに収録され、アメリカでもっともすばらしい未契約バンドとも言われたが、彼らは自主レーベルでのリリース、地元での活動にこだわった。だから、アメリカ人のパンク、パワーポップに詳しい人でも彼らの素晴らしさを知らない人がそれなりにいる。日本では、Fifiが90年代の初頭からやりとりをしていたのに加えて、Peer-Mossにいた苅部くんが大量に仕入れ、それが広まったので、THE REDUCERSのことを知っている人が多い。そして、2004年にはFIRESTARTERの招聘で、そのレコードを裏付ける、というかその何倍もすごいライブを見せつけてくれた。僕自身は、Fifiなどを通じての2次的な付き合いだったが、この来日以降なにかとやりとりをすることもあって、上に挙げたようなサポートをしたりということに繋がった。

あの来日に来てくれたひとたち、これが最後のアルバムとなったけど、相変わらず最高だから、聴いてみて。CDだけでなく、配信もあるみたいなんで、なんとしてでも音をチェックしてもらいたい。


the 3-pack、 Nervous Eatersのカヴァーをやってるよ
RAVE ON : REDUCERS Tribure album について
redu.jpg

Reducers Tribute Albumについて

すこし前の話になるが、書いておこうと思う。
6/19に書いた記事の続きになる。

スティーヴが闘病中である5月中にこのプロジェクトはスタートした。バンドのセレクトに関しては、Reducersとの共演経験があるバンドを中心に声を掛けた。ベネフィットのライブ企画には出れなかったP.C.2、Frantic Stuffsも2つ返事でOKをもらい、結果的にはRockbottom, Firestarter, Gimmies, P.C.2, Frantic Stuffsの5バンドとした。そもそもが寄付なので、録音費用などはバンド持ち、しかも非常にタイトなスケジュールであったと思うが、それぞれのバンドが6月には音源をアップした。
しかしながら、6月13日にスティーヴが亡くなったため、治療費のために、と立ち上がったReducersトリビュート・アルバムの話は、基本方針を少し変えることとなった。治療のために負った負債の補填と残された家族のため、と。もちろん、そのことで参加を辞退するバンドはいなかったので、そのまま進めることにした。
その間、地元では追悼のライブがあり、僕はたびたびFacebookでその様子を伝える写真やコメントなどを見ていた。The Reducersはほんとにローカルながらも愛されていたバンドなんだなというのが感じられた。そして、こんなすごいバンドがなんでもっと広く知られるようにならなかったのだろうか、ということも考えた。ロックの歴史の中にはそういうバンドがたくさんいるのは知っているし、そういうバンドを探し当てる楽しみみたいなことも十分承知はしているが、シングル1枚の数十枚プレスとかのものが広く知られている世の中でのねじれみたいなものを感じずにはおれなかった。
とにかく、われわれはこのプロジェクトをやりとげることにした。
アメリカ側の仕切り役であるJesはスティーヴの親戚でもあり、なにかと忙しく、連絡も途切れがちになったが、7月には全音源やメンバーなどのデータをエンジニアの元へアップすることができ、9月中旬にはウチに盤が届いた。
24バンドが新録音で作るオムニバスとしては、かなりの速さではないかと思う。
内容に関してはBandcampで確認できるので、そちらで聴いてほしいが、個人的な感想としては、全体的にもかなり充実した内容なんだけど、とりわけ日本のバンドたちのクオリティが高かったということが言える。それはThe Reducersから受け取ったモノ、思い入れの強さに比例しているのではないか、と考えた。
販売に関しては、録音バンドたちで分け、それぞれのライブで売ってもらうという方法をとっている。お店に卸さないのは、その中間マージンも寄付にまわそうという考えによるものです。売り上げに関してはまた近々報告できると思います。

こちらのページにて試聴、ダウンロード購入もできるので、興味ある人はぜひ。


こちらは、CDのリリース・パーティ・ライブにおけるDOGMATICS! にReducersのPeterが参加したもの

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

THE REDUCERSについて(前回からの続き)
前回、加筆する、と書いて、数日経ってしまったので、新たに書きます。

・本国でのベネフィット・ライブはメモリアルの意味も含めて行われた。
・CDのプロジェクトは続く。という連絡があった。スティーブをたたえるため、と、彼の家族への寄付として。

ここ数日、そのライブの様子や、Reducersについて語っている人がいないか、とネットで検索したりしていた。
地元での彼らは、それはほんとにローカル・ヒーローといえるような存在だったのだということは伺える。
何日もReducersだけを流し続けたラジオもあったくらい。
しかしながら、局地的な人気であって、他のところではあまりニュースになっていないというのが事実だろう。
パンク・ロックだとかパワーポップだとかが、これだけ掘り起こされている時代、
ディガーたちはReducersに辿り着いていないということなのか?
または辿り着いても、あまり魅力を感じないままスルーしているのか?
そんなことが気になった。

パンク・ロックは短期的に爆発して散る、という側面もある。
だけど、The Reducersはパンク・ロックやパブ・ロックに強力に影響を受けながらも、
続けることを選んだバンドだ。
彼らに会ってみて強く感じたのは、
日常生活と折り合いを付けながらロックし続けている、というその力強さだった。
パンク・ロックが爆発している当時のロンドンを訪れ、強烈な印象を受けた
ピーターとヒューは地元に帰り、すぐにThe Reducersを結成した。
スティーヴとトムはそのとき、どちらかというと、カントリー寄りのバンドをやっていたという。
パンク・バンドたちが解散したり、音楽のスタイルを変えていったりという歴史もあるが、
The Reducersは無骨に、馬鹿正直ともいえるくらいにパンク・ロック、パブ・ロックをやり続けた。
大きなヒットや大規模なツアーとはあまり縁がなかったが、とにかく自分たちでレコードを出し、
ライブをやり続けたわけだ。
日常生活に折り合いを付けながら、インテリジェンスと熱を保ったままで。
彼らをしゃべったとき、そういった力強さと優しさを強烈に感じた。

2004年の来日ライブは、彼らにとっては初の国外ライブであった。
いきさつは前に書いたかな。とにかくFirestarterが満を持して呼んだわけだ。
ライブは大阪で1回、東京では4回あった。
ふつうは東京では2回くらいしか組まないものだが、ふたを開けてみれば、4回でも足りないくらいだった。
ライブをやるたびに口コミで、「絶対に観た方がいいぞ」というのが伝わり、
レコードをあまり持ってないとか、あまり思い入れはない、とか、名前だけは知っているという人が
どんどんライブに来た。
(youtubeにもそのときのライブ映像が上がっているが、その場の興奮は、あれでは伝わっていない、と思う)
それほど知られてないバンドが、ライブの力だけでどんどん客を集めている、
ホントに痛快だった。

今回、僕が立案して友人たちに手伝ってもらって行ったベネフィット・ライブは
上に書いたようなことを確認する作業でもあった。
ピーターとのメールのやりとり、バンドの歴史や近況の確認などをまたやっているうちに
思い入れはいっそう強くなった。

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ZAZO
b0195921_1042840[1]

12/4に出演するZAZO


ここを観てください。

メンバーはBrightlinerから大槻をのぞいたメンバーに元RegistratorsのRENが加わったという形。
数年間シーンから遠ざかっていたRENが新たに活動を始めたということで
注目度の高いバンドといえるだろうね。

ことしの頭ころに結成され、先ごろERAでNEON SHUFFLEのイベントに参加した。
その前に大阪にてLiquid Screenのレコ初イベントにも出演していて、上のリンクはそのときの映像。

この映像や、観たひとの話ではインスト・パートの多い、ポスト・パンク/ポスト・ロック的な要素のある音楽だということだ。
まあ、音楽性知らないでブッキングするなというツッコミみ来そうだが、
このメンバーならなんかやってくれるだろうな、という期待感みたいなのはあるね。

当日、楽しみだね。最初に出るので、ZAZOに注目している方は早めにご来場ください。

ZAZOのブログ
も併せてチェックしてみてください。
料理人でもあるRENの料理話もけっこうあります(笑)

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。